2022年 7月 7日 (木)

増えるネット受注のフリーランス 「副業」感覚でも収入に「不満」、そんなに少ないのか!?

イルカ・クジラが描く虹をモチーフにした"G-SHOCK"&"BABY-G"

不安やトラブルあるけれど、「満足してる」

   不安やトラブルに悩まされることもある「ネット受注のフリーランス」だが、その満足度を聞いたところ、「大いに満足」(11.1%)と「やや満足」(37.5%)を合わせて、48.6%が「満足」と答えた。「大いに不満」(3.7%)「やや不満」(9.2%)を合わせた「不満」(12.9%)を大きく上回った。

   20代(53.5%)と50代(51.4%)の半数以上が、「満足」を表明している。

   「ネット受注のフリーランス」としての働き方を選んだ理由(複数回答)をみると、「収入を増やしたかったから」と答えた人が44.9%、「自分のペースで働く時間を決めることができるから」が42.0%でトップ2。以下、「働きたい仕事内容を選べるから」(22.3%)、「自分の夢の実現やキャリアアップのため」(19.8%)、「働く地域や場所を選べるから 」(19.4%)が続いた=下図参照

   収入アップや自身に合った働き方を重視している人が多いようだ。

   世代別にみると、20代では「収入を増やしたかったから」(50.4%)や「自分の夢の実現やキャリアアップのため」(25.6%)が、また60代以上では「自分のペースで働く時間を決めることができるから」(49.0%)や「専門的な技術や資格を活かせるから」(24.8%)、「雇用されない立場で働きたいから」(16.6%)が、それぞれ他の世代と比べて多かった。

   さらに収入についての満足度をみると、「収入・報酬額の多さ」では、「大いに満足」(4.5%)と「やや満足」(23.3%)を合わせた「満足」派は27.8%。「大いに不満」(11.7%)と「やや不満」(19.6%)を合わせた「不満」派は31.3%にのぼった。

   「収入・報酬の安定度合い」を聞くと、「大いに満足」(6.6%)と「やや満足」(23.1%)を合わせた「満足」派は29.7%。「大いに不満」(11.7%)と「やや不満」(20.0%)を合わせた「不満」派は31.7%となり、どちらも「不満」派が「満足」派を上回った。

   なお、調査は2020年1月22日~24日にインターネットで実施。ネットで仕事を受注する働き方をしている全国の20歳以上のフリーランス1000人が回答した。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中