2020年 4月 9日 (木)

世界同時株安「新型コロナショック」でネット炎上 「東京五輪中止に」「安倍政権の人災」批判の声が相次ぐ

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   新型コロナウイルスの世界的な感染拡大への懸念が強まるなか、世界同時株安が広がっている。

   2020年2月25日の米ニューヨーク株式市場は、主要企業でつくるダウ工業株平均が前日比約380ドル(3.15%)安い2万7082ドルと大幅続落して終えた。2日連続で約1500ドルもの下落だ。

   東京株式市場や欧州各地の株式市場でも、2日連続で大幅に下落している。これはリーマンショック級の世界的大不況の始まりなのだろうか。ネット民の声を拾うと――。

「これからの就職は氷河期に戻るのだね」

   この事態をネット民はどう見ているのか――。「後に『リーマンショック』ならぬ『コロナショック』として語り継がれることだろう」と、深刻に受け止めている人が圧倒的に多い。

「中国は、経済対策をバンバン打ち出しているので、震源地なのに株価がウイルス騒ぎ前より上がっている。台湾も、20億米ドル相当の経済対策を打ち出した。日本は、経済対策を何もやっていないに等しい。だから、株価がガタ落ちだ。非常時なのだから、財政再建なんか置いといて、早く経済対策を出しなさい。でないと自粛ムードが広まり、経済がガタガタになって中小企業からどんどん倒産していく」
「もう日本ではコロナショックを契機にした倒産が出始めているから、これからの就職は氷河期に戻るのだね」
「この期に及んで日本株は日銀が買い支えてる。こんなところで買ったらシコリになって上がらなくなる。日銀が市中から資金を吸い上げているのだから、緩和の効果なんか一気になくなり、マーケットがシュリンク(縮小)する。下がる時はちゃんと下がったほうがマーケットにとってはいいのに」

   これで世界経済をけん引してきた米国経済が打撃を受けたら、それこそ終わりの始まりだ、という危機感を持つ人も多い。

「VIX指数(恐怖指数)が26と急上昇。アメリカ疾病予防センターがアメリカもコロナウイルスの危険に備えるようにと強い警告を出した。中国と一番遠く、中国と生産では関わりが薄くてアメリカ経済には影響がないと思われていたが、やはりイタリアなどヨーロッパに飛び火すると恐怖指数が急上昇する。このまま悪化するか、回復するかは、コロナウイルスの世界規模、アメリカに拡大するかどうかにかかっている」
「いいとこ取りの一本調子であがってきた米株が、いったん調整するのは極めて自然だと思いますね。ただ、有事で買われるはずの円が大きく動いていないことが気になります」
「トランプバブル崩壊かな。『神の見えざる手』ですね。トランプ大統領が『対中貿易関税交渉がうまくいっている』ツイッターを3か月で30回ぐらいして、釣り上げた分の半分程度を2日で調整した感じだ。日経平均はダウのコバンザメだし、実体経済はアメリカよりずっと悪いから、もっと下がるはずです」
「バブルの崩壊なのにトランプ大統領はダンマリ。こんなときこそ、指導者は情報を発信すべきだが、これでトランプの再選はなくなった」
「どちらかと言えば、株式投資は富裕層が中心に行っており、庶民にはあまり関係ない。『経済は好調だ』と有頂天になっているトランプ大統領の頭を冷やすのにちょうどいいだろう。日本にも同じことが言える、効果の感じられないアベノミクス、安倍晋三首相にもいい薬だ」

「オリンピック恐慌」が来る。みんな生活防衛の準備を

   2008年9月のリーマンショック経験者からは、「あの時と同じだ」という声も聞かれた。

「そもそも好景気ではないのに株価が高すぎた。今後えらいことになる。下げ方がリーマンみたいだ。これはダメかもしれない。ドカンと下げた後、ジワジワと15連敗とかあれば、まさにそれ」
「リーマンで辛酸なめた身としては、6000円台まで落ちても何も思わないよ。『あの時と同じだね』ってぼんやり苦笑いするだけ。アベノミクス以降、どうせ株価は実態を反映していない。というか一般市民との懐事情の乖離(かいり)が激しすぎる。欲深い大人たちに翻弄される若者だけが不憫(ふびん)で仕方ない。歴史は繰り返す。一度目は悲劇として、二度目は......」

   また、

「本当のダメージはこれから出てくる。日本は東京五輪パラリンピックのインバウンドを期待して、会場やインフラ整備に多額の投資をした。すでに米国にもコロナショックが広がっており、世界的にも今後激増していく可能性が高い。五輪開催は不可能になる可能性が高いし、たとえ中止にならなくても盛り上がらない大会となったら投資回収は困難だ。『オリンピック恐慌』は確実に来る。みんな生活防衛の準備を」

と、東京五輪開催を危ぶむ声が非常に多かった。というよりは、「もう中止にするべきだ」という意見が少なくない。

   こんな意見に代表される。

「コンパクトで、お金のかからない五輪をやると言っていたのにね。みんな思い出して、不都合な真実を!コンパクトな大会を謳(うた)って国民を納得させ、いざ招致したらドカッと予算を増やしてビック大会になりました。このツケがそのまんま降りかかるわけです。いったい誰の責任でしょうか」
「オリンピックのために人命を軽視するよりもいいです。中止にして、思い切って復興に舵を切りましょう」
「何かとケチがついていた東京オリンピック、最後にドカンって来たね。これは東京ではやるべきじゃないというお知らせ? オリンピックはなかったことにして、早く経済の建て直しに力を注いだほうがいい」

「国民の健康」より経済、経済より五輪を優先する安倍首相

   新型コロナウイルスの対応を見誤り、感染を拡大させたことで、「これは一種の人災だ」と、安倍政権の責任を問う声も非常に多かった。

「五輪開催が絶対ならば一時的にインバウンドはあきらめ、国内の感染を最小限に抑えながら春を待つべきでした。ところが、『春になればウイルスの活動は弱まる。だから春節期間中に中国からの観光客を招いてもよし。多少国民の間で感染が広がっても仕方なし』と楽観視して、中国人観光客を入れたことで破滅ルートを選択しましたね。五輪>経済>国民の健康、が透けすぎていて笑えません」
新型コロナウイルス(国立感染症研究所提供)
新型コロナウイルス(国立感染症研究所提供)
「オリンピックと経済を犠牲にしても国民の命を守ったなら偉大な総理になれた。真逆で本当に最悪。中国の習近平主席や韓国の文在寅大統領でさえ、広大な感染地を封鎖したり、臨時立法を制定したりして、全力を尽くしているのに」
「歴代最長で東京五輪に尽力し、憲法を改正した総理として名前を残したかった安倍晋三氏。総裁選のルールまで変えても総理の座にしがみついたが、最後は『官僚の腐敗と疫病対策を誤り辞任』と評価されるのだろうか。原敬、佐藤栄作、中曽根康弘といった名宰相列伝には入らない。仕事ができないお友だちを登用し、丸投げしたリーダーの教訓にはなる。後世に名を残したかったのだからちょうどいいと思う」
「まさか肺炎でアベノミクスのメッキが完全にはがれるとは思っていなかっただろうね。財務省の悲願だった増税はしたわけだし 今さらかもしれないが減税する最後のチャンスだぞ。自粛が定着する前に個人消費を刺激しないと手遅れ」
「中国やアメリカは、まだ金利引き下げや財政出動の余地がある。一方の日本はアベノミクスというフライング政策によって平常時にマイナス金利政策と異次元の金融緩和を行い、ハリボテ景気を演出していたため、国際的な金融危機に対抗策がない。東京五輪中止や巨大震災に追い討ちをかけられたら日本経済は終了だ」
「ウイルスは見えないけど、株価はストレートだからわかりやすい。ウイルスでは反応が弱く、安倍政権に遠慮していた財界も、株価の急落となるとあれこれ言い出したようです。これで政府も少しはシャンとするでしょう。するかな???」

世界の投資家には日本は「トンデモ危険国」に見える

   日本が海外投資家から見放されることを心配する声がある。

「少なくとも今年3月本決算の上場企業はとんでもない数字が発表される可能性がある。当然配当も下がる。海外ファンドはしばらく本格買いをしないのではないか? 政府が率先して経済を萎縮させるような発表をしているが、同時に財政出動を含めた回復策も出さずに、『緊張感を持って見守る』としか言わないのなら、そんな政府はいらない」
「明確な感染拡大防止策もなく、感染が疑われても自己管理を前提に検査さえ受けさせないようでは、世界中の投資家の目には危険国としか見えないでしょう。外交が得意で、経済政策にも卓越した首相がいる国とは思えません」

   さて、個人投資家たちは今後の相場の展開をどう見ているのだろうか――。

「信用買いと先物買いの投げがまだまだ出切っていないような気がします。こんなときに頻繁に電話をかけてくるのが不思議に証券会社。上げ相場の時は音沙汰ないのに、下げ相場になると電話かかってくる。しかも取引のない証券会社から。アナリストだって今の相場が異常な官製相場だって知っているでしょうに。日銀に買い向かえという期待があるのだろうが、津波に向かって泳ぐようなもの。逆らわずに高台に避難しないと命が危険だよ」
「こういう時の保険としてVIX(恐怖指数)を仕込んでいたが、上がり方がすごいね。しばらく注視。個別銘柄の買い時は来年、再来年あたりかな。今年のトランプ再選も微妙だし、混乱はまだ続くと思う」

   そして、最後にこんな意見を紹介しよう。

「みんな、人生最大の大博打の時が来たかもしれんぞ。勝負かけてこの場を利用しよう。最大のチャンスでもある」
「みんな、農業に立ち返ろうよ。マネーゲーム、観光産業、人が集まる娯楽......。もしかしたら今後長くダメになるかも。だけど、食べ物さえ作れていれば、少しは心強いよね。日本の食糧自給率は40%くらいです。土地も余っているし、今は昔よりいい機械もあるのだから、農業始めませんか?」

(福田和郎)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中