2020年 12月 5日 (土)

株価下落で焦る投資家 新型コロナウイルスの流行は「売りどき」か?

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   新型コロナウイルスの流行に歯止めがかからず、長期化するのではないかとの見方から、世界経済への影響に対する警戒感が強まっています。

   これを受けて投資家の不安心理の高まりなどから、2020年2月下旬にかけて世界の株式市場は不安定な動きを見せています。

  • 新型コロナウイルスが、世界中で大流行している
    新型コロナウイルスが、世界中で大流行している
  • 新型コロナウイルスが、世界中で大流行している

押さえておきたい3つのポイント

   株式市場が大きく変動すると、投資家は「自分が保有している投資信託を売却すべきか、それともこのまま継続保有すべきか」といったことを、考えるようになります。

   ウイルスは見えないだけに、不安になるのも無理はありません。ましてや、このような時に「投資なんて」と思うのも仕方がないかもしれません。

   依然、予断を許さない状況ですが、「投資信託」を保有する投資家のために、今後のマーケットをみるうえで、押さえておきたい3つのポイントをお伝えします。

   押さえておきたい3つのポイントは、「短期」「中期」「長期」の期間を分けてみることです。まずは一つめの「短期的なポイント」です。

(1)各国による景気対策
中国は感染拡大による経済への影響を抑制するために、財政出動と金融緩和など緊急の経済対策を積み増すことを検討すると発表しました。また、サウジアラビアで開催されたG20財務相・中央銀行総裁会議の共同声明では新型コロナウイルスを含む世界的なリスクの監視を強化し、「リスクに対処するためのさらなる行動をとる用意がある」との声明が発表され、各国が財政出動などを実行し、景気を下支えすることで一致しました。

   次に、「中期的なポイント」です。

(2)生産のV字回復の可能性
現時点で事態の収束に目途が立っていません。今後、サプライチェーン(供給網)の停滞や人の移動の制限が中国経済および世界経済に悪影響を及ぼす可能性があります。一方、事態が収束に向かい、生産停止によって溜まっていた需要が立ち上がれば、生産のV字回復によって景気が上向く可能性も考えられます。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中