2020年 10月 26日 (月)

【尾藤克之のオススメ】妻をリッチにせよ! 元銀行マンが解説する「お金持ち夫婦」になるヒケツ

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   世の中は、なかなかお金持ちになれない仕組みになっています。

   それは、あなたの周りを見回せばわかるはずです。努力を重ねて昇給・、昇進した人がいたとしても、その結果としてお金持ちになれた人や、働かなくても悠々自適の生活が送れるようになった人は少ないはずです。

   では、どうすればお金持ちになれるのでしょうか――。

崖っぷち夫婦が"副業"で年収1000万円産み出した「妻リッチ」起業術!(古川美羽著, 坂下仁監修)ごま書房新社
  • 妻をリッチにすることが「お金持ち夫婦」になるヒケツ!
    妻をリッチにすることが「お金持ち夫婦」になるヒケツ!
  • 妻をリッチにすることが「お金持ち夫婦」になるヒケツ!

妻を社長にするメリットとは?

   支出を増やさずに、税金を減らす方法は限られています。所得控除、減価償却、社内規程などを活用して、お金が出ていかない経費を増やす、法人と個人の税制の違いを生かす、所得を家族に分散するといった以外に方法はないのです。

   そのうえで、本書を監修した坂下仁さんは「妻を社長にしなさい」と言います。妻を社長にするメリットはなんでしょうか。

「妻を社長にして、資本金を300万円以下の合同会社を『プライベートカンパニー』として設立することから始めます。税法上のメリットが多く、生活費を会社経営の必要経費として、自宅家賃、通信費、光熱費、ランチミーティング、交通費などとして損金扱いできるようになります。ふつうのサラリーマンに認められていない経費が適用されることは大きなメリットといえるでしょう」

と、坂下さんは解説します。

   さらに、

「飛行機に例えると、プライベートカンパニーが翼でマネーエンジンがジェットエンジンです。プライベートカンパニーという翼で浮力が生まれ、タックスヘイブンという上空を飛べるので税金という障害物が減り、スピードが出ます。マネーエンジンというジェットエンジンは趣味嗜好や特技でできているので燃費がよく、ハイパワーです。副業がマネーエンジンであれば、本業のエンジンが故障しても大丈夫です」

と言います。

   サラリーマンには、会社という非力なエンジン一つしかありません。倒産したり解雇されたりしたらエンジンは停止します。プライベートカンパニーは翼になりますが、サラリーマンはいつまでたっても飛ぶことができずに走り続けるしかありません。

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中