2020年 9月 29日 (火)

周囲から見ればブラック企業でも、「好きと得意の重なる仕事」でイキイキ! それはなぜ?(入澤あきこ)

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

   最終回(2020年3月11日放送)を迎えたドラマ「知らなくていいコト」は、数々のスクープを世間に送り出す週刊誌「週刊イースト」が舞台。吉高由里子さん演じる真壁ケイトが、シングルマザーとして自分を育ててくれた母親の急死をきっかけに、自分の出生の謎と父親の秘密に迫ります。

   仕事でもプライベートでも「知らなくていいコト」を暴いていくお仕事系ヒューマンドラマです。

  • 吉高由里子さん演じる真壁ケイトがカッコいい!(日本テレビ「知らなくていいコト」のホームページより)
    吉高由里子さん演じる真壁ケイトがカッコいい!(日本テレビ「知らなくていいコト」のホームページより)
  • 吉高由里子さん演じる真壁ケイトがカッコいい!(日本テレビ「知らなくていいコト」のホームページより)

ケイトは自主的に仕事に没頭している状態だった

   ドラマで、ケイトさんは働きっぱなし!

   私はこんなに働けないわ、と毎回思っていました。スキャンダルを暴くために、張り込みは当たり前、仮眠室の用意された職場で徹夜も当たり前、長時間労働の巣窟のようです。

   そして、上司からも怒鳴られる。これはブラック企業ではないか! と思うのですが、それなのに編集部の人たちはみんな活き活き働いて輝いていました。

   自主的に仕事に没頭している状態だと感じました。そして、チームワークもとてもいい。いったい何がそうさせているのでしょう。

   ここに「働き方改革」を考えるヒントがあると思いました。働き方改革と言えば、長時間労働の是正、副業などの柔軟な働き方の促進、高齢者の就業の促進などがあります。

   確かに企業側として、そのような対応を進めていかないと、働き方改革にはならないでしょう。働き手としても、自分が組織の中で活躍して労働問題の改善に貢献する必要もあるでしょう。

   ですが、終身雇用が前提でなくなった今、中長期的には組織を超えた自分の働き方も模索することが改革につながるのではないでしょうか。組織を超えて働くことができれば、出産や介護などのライフスタイルの変化、定年も関係なくなると思うのです。

入澤有希子(いりさわ・あきこ)
入澤有希子(いりさわ・あきこ)
パーソナルスタイリスト
美容専門学校・高等学校色彩学講師
ミスユニバースビューティーキャンプ講師、テレビの変身企画スタイリストなどを経験。フリーランスでパーソナルスタイリストをしつつ、最近はベンチャー企業でセカンドOLデビューを果たした。働くママの大変さを実感し、働くママ100人へのインタビュー活動「we MAMA」を立ち上げる。さまざまな働き方があることを伝える活動も実施中。法政大卒。37歳。
ブログ https://ameblo.jp/akiwasa/
ホームページ https://daily-ands.jp/authors/573a7efc73f3212f79f6339b
we MAMA https://note.com/we_mama
著書に「子育てのために仕事を諦めなくてもいい方法」(Kindle版)がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中