2020年 9月 29日 (火)

3月の内定率、過去最高水準 新型コロナ4月以降に影響か

あのやずやの『にんにくしじみ』が半額に!?

   就職情報大手のリクルートキャリアの就職みらい研究所によると、2021年春に卒業する大学生の今年3月1日時点での就職内定率が、前年同期に比べて7.1ポイント高い15.8%だったことを明らかにした。2020年3月19日の発表。

   同じ時期としては過去最高の水準で、人手不足や東京オリンピック・パラリンピックの影響を織り込んだ当初の計画どおりに進めた結果と考えられる。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大で多くの企業で説明会を延期や中止するなどの措置を取っており、同社では「4月以降の内定率は影響を受けることが予想される」としている。

  • 新型コロナの感染拡大が今後の採用・就活スケジュールに大きく影響しそうだ
    新型コロナの感染拡大が今後の採用・就活スケジュールに大きく影響しそうだ
  • 新型コロナの感染拡大が今後の採用・就活スケジュールに大きく影響しそうだ

「内々定出し・内定出し」のピークだが......

   来春の卒業生を対象とした内定出しは、東京オリンピック・パラリンピックの影響について調査(2019年12月5日~20年1月14日実施)した時点で、ピークが前年6月より2か月ほど早まるとみられるなど、スケジュールの前倒し傾向がみられた。そのため、3月初め時点での内定率が昨年を上回ることは一定程度、予想されていた。

   ところが、就職活動が始まるのと前後して、新型コロナウイルスの感染拡大が顕在化。企業は急きょ、就職説明会を延期または中止したうえ、ウェブを使うプロセスに変更しているが、業種によっては影響が業績にも及んでおり、プロセスばかりか採用そのものを見直す動きも出てきた。

   リクルートキャリアでは、21年卒の就職活動がコロナ禍でのスタートという状況を受けて、「21年卒採用活動プロセスの見直し」について緊急調査(3月6日~8日)を実施。「21年卒採用を実施する」予定がある企業の人事部門担当者778人に、新型コロナウイルスによる採用への影響を聞いたところ、88.1%(685人)が、「影響あり」あるいは「今後に影響がありそう」と回答した。

   また、この685人に「新型コロナウイルスの影響による21年卒採用課題」を聞いたところ、76.6%が「採用スケジュールの見直し」を挙げた。

   個別の「採用活動プロセスの対処」については、書類選考や説明会、面接(単独、グループ)について、変更や中止をする予定を表明。こうした調査結果を受けて、リクルートキャリアの担当者は「4月以降の内定率は影響を受けることが予想される」と指摘した。

   当初の予想では、4月に企業による「内々定出し・内定出し」のピークがあるとみられていたが、それが後ろにずれ込みそうだ。

   3月1日時点で就活生が内定取得した業種を見ると、最も高いのは「情報・サービス業」で63.9%。その他では、製造業が16.8%、流通業8.2%などで「業種間で内定出しの時期に差がある」ことがわかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中