2020年 9月 29日 (火)

【襲来! 新型コロナウイルス】監査法人のチェックなし、粉飾決算「奨励」の特例措置に、投資家はそれでも株を買うのか?(鷲尾香一)

「やずや開発『にんにくしじみ』が凄い」え、初回1日約32円!

   新型コロナウイルスの感染拡大により、国内経済に大きなダメージが出ている。

   企業業績の悪化よって、多くの企業から決算内容の悪化や2020年度の決算見通しが立てられないなどの声が出ている。そんななか、東証証券取引所は急激に業績が悪化した場合に株式の上場を廃止するルールを緩めるという。

  • 投資家保護はどこへ……(写真は、東京証券取引所)
    投資家保護はどこへ……(写真は、東京証券取引所)
  • 投資家保護はどこへ……(写真は、東京証券取引所)

決算は「いつでもよい」って......

   2020年3月19日のNHKの報道によると、業績が悪化して債務超過に陥った企業の上場廃止ルールを、現在の1年の猶予期間から2年間に延長する特別措置を実施するという。なおかつ、決算に対する監査法人の意見表明(チェック)も必要なしとしている。

   東証は2月10日に「新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた適時開示実務上の取り扱い」を発表し、新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた適時開示の実務上の取り扱いについて、さまざまな特別措置を打ち出している。

   その内容は、「決算および四半期決算の内容の開示」については、

(1)決算手続き等に遅延が生じ、速やかに決算内容等を確定することが困難となった場合には、「事業年度の末日から45日以内」などの時期にとらわれず、確定次第で差し支えない
(2)大幅に決算内容等の確定時期が遅れることが見込まれる場合には、その旨(及び確定時期の見込みがある場合には、その時期)を適時開示する

―― としている。

   また、「業績予想に関する開示」についても、決算内容の開示に際して業績予想の合理的な見積もりが困難となった場合や、開示済みの業績予想の前提条件に大きな変動が生じた場合などは、その旨を明らかにして、業績予想を「未定」とする内容の開示を行い、その後に合理的な見積もりが可能となった時点で適切にアップデートを行う、としている。

   つまり、新型コロナウイルスにより業績に大きな影響を受けた場合には、決算は「いつでもよい」し、業績予想が困難であれば「予想しなくてもよい」という、非常に緩やかな措置だ。

   これだけでも、決算手続き面ではかなり譲歩したものと思うが、そのうえ、「決算に監査法人のチェックを必要としない」となれば、行き過ぎとしか言いようがない。

   監査法人のチェックのない決算内容は、極論をすれば「粉飾決算」を行っていても、投資家には判断しようがないことになる。

鷲尾香一(わしお・きょういち)
鷲尾香一(わしお・こういち)
経済ジャーナリスト
元ロイター通信編集委員。外国為替、債券、短期金融、株式の各市場を担当後、財務省、経済産業省、国土交通省、金融庁、検察庁、日本銀行、東京証券取引所などを担当。マクロ経済政策から企業ニュース、政治問題から社会問題まで、さまざまな分野で取材。執筆活動を行っている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中