2020年 10月 31日 (土)

「あきらめるのはまだ早い!」 アラフォーとなった就職氷河期世代の「第一歩」を支援 ~ 体験者が語る「Jobトライ」という選択~

毎日酷使する現代人の目にビルベリー由来アントシアニン!

   40代前後の「就職氷河期世代」に、正社員として働くための道筋をつけようとする動きが加速している。

   内閣府の「生活状況に関する調査」(2018年12月7日~24日の実施。2019年3月29日の発表)によると、就職氷河期世代は多くの人が希望どおりの仕事に就けていないという事実が確認されていて、正社員を目指している非正規就労者は多い。その一方、少子高齢化の影響で、この世代の採用に前向きな企業もある。

   デキる人材を求めている企業と、希望する仕事に就きたい40代前後のミドル世代をうまくマッチングできれば......。東京都は就職支援事業に取り組む東京しごとセンターの協力を得て、正社員を目指す非正規雇用者を後押ししている。

  • インターシップでミスマッチをなくす
    インターシップでミスマッチをなくす
  • インターシップでミスマッチをなくす

「一歩」が踏み出せない理由はどこに......

   プログラムの特徴は、「Jobトライ ~ミドルインターンシッププログラム~」というインターンシップがあることだ。インターンシップと聞くと、学生が採用活動の前に経験する、就労体験のイメージがあるが、それを覆すような雇用・就職支援プログラムが「Jobトライ」。それが今、東京都で実施されている。

   就職や転職を考えているミドル世代の人が、職場での実習を経て、自分に合った就職先を探すことができる。就業後のミスマッチが減らせて、業界未経験からの就職実績も多いという。

   このプログラムを使って、因幡電機製作所の営業職に転職を果たした田中雄一さん(仮名)は、求職中に、東京しごとセンターを訪れた際に「Jobトライ」のポスターを見たのがきっかけ。

   前職は、クリーニング屋のルート営業で、個人や法人、幼稚園や学校などの顧客を周って、場合によっては新規顧客を開拓したりしていた。そこを辞めてから職業訓練所を経て、1年以上経っていたので、「そろそろ次の仕事を見つけなければ」と焦りを感じ始めていたときだったという。

「それまでに、いくつか求人に応募していましたが、年齢は若いわけでもなく、中途採用で異業種の営業職が希望だったこともあり、苦戦していました」

と明かす。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック