2020年 10月 23日 (金)

1時間1000円の「おっさんレンタル」! あなたはいくらで「自分」を売りますか?(生野あん子)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   無職のおじさん兄弟が、ひょんなことから「レンタルおやじ」を始めることに――。

   今期のテレビ東京系ドラマ「コタキ兄弟と四苦八苦」は、コメディながら、人間の抱える煩悩や業(ごう)を深く考えさせられる良作でした。

   演技派の古舘寛治さん、滝藤賢一さんのW主演。脚本は「逃げるは恥だが役に立つ」や「アンナチュラル」など多くのヒット作を手掛ける野木亜紀子さんで、おもしろくないわけがない! さらに注目すべきは、「レンタルおやじ」という働き方です。

  • 「おっさんレンタル」あなたは自分をいくらで売ります?(写真はイメージ)
    「おっさんレンタル」あなたは自分をいくらで売ります?(写真はイメージ)
  • 「おっさんレンタル」あなたは自分をいくらで売ります?(写真はイメージ)

さまざまな人の無茶ぶりに「四苦八苦」

   物語は、古舘寛治さん演じる元予備校講師の兄のもとへ、ちゃらんぽらんな性格で勘当された弟(滝藤賢一さん)が戻ってくるところからスタート。2人とも無職で、なんとか生活費を工面せねばと焦っていたところへ、「1時間1000円」のアルバイトが持ちかけられます。それが、「レンタルおやじ」です。

   「レンタルおやじ」とは、中年男性を1時間1000円で「レンタル」し、雑談や付き添いなど、さまざまなことをお願いできるサービス。主人公の兄弟は「おやじ」として登録され、見ず知らずの人の結婚式に参列したり、余命いくばくもない老婦人の買い物に付き合ったり、お金持ちが集まるホームパーティのゲストとして呼ばれたり......。

   人々との出会いや、未知の経験を通して、コタキ兄弟は大きく成長していくのです。

   さて、この「レンタルおやじ」は、リアル社会でも「おっさんレンタル」として、評判なのです。創業者の西本貴信さんは、あるウェブメディアのインタビューで、「人気のおっさんになると、1人で月に50~60件対応している人もいる」と語っていました。(ねとらぼ『「スケベ」「汚い」「お説教臭い」を払拭 「おっさんレンタル」はなぜ5年間客が途絶えないのか、創業者を取材』2017年03月25日

   サイトを見ると、「カフェ大好きで甘党」のおっさんや、「頑張るシャイなおっさん」「バイオリンも弾けるITおじさん」など、個性豊かなプロフィールが並んでいます。各々のアピールポイントを打ち出しており、中には「無害なおっさんです」という人も。

   人気の男性も含め、全員が「1時間1000円」でレンタルでき、利用者は女性がほとんどだそうです。西山さんのインタビューによれば、「下心」をもった男性が登録してトラブルにならないよう、登録者には月額1万円の加盟金を払ってもらっているとか。そうすることで、毎月1万円払ってまで人々に貢献したい、稀有な「おっさん」を集められるんですね。

kaisha_20200324165529.png
生野あん子(しょうの・あんこ)
30歳代の会社員。映画、小説、ドラマなど、どんなコンテンツにもつい、社会的背景を思い描いて批評しようとする精神性の持ち主。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中