2021年 9月 21日 (火)

【尾藤克之のオススメ】「肩書き」の良し悪し 長さは不要、オリジナルなんてもってのほか!

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

情報を載せすぎないことが「武器」になる

   私の知人に、名刺にメールアドレスもケータイ番号も記載していない人がいます。彼いわく、「最初から印字していると、それが当たり前になってしまう」ということが嫌みたいです。

   彼は別れ際に次のように言います。

「名刺には事務所の電話番号だけでケータイの番号が書いてありません」
「電話だと連絡がとりにくい場合がありますので、メールアドレスをお教えします」

   そのように話しながら、手書きで名刺の裏にドンドン書き込んでいくのです。

   相手は「他の方には教えていない情報を自分には教えてくれた」と思うので、アピールにつながります。彼にとっては常套手段ともいえますが、話のツカミが欲しい人にとっては参考にすべき手法です。

   機械的に名刺を渡すだけでは、会話が広がりにくいものですが、手で書き加えるという一手間を加えることで、特別感を演出し、話の取っ掛かりができます。

   最近はSNSが普及した結果、名刺に詳細情報を記載している人がいます。プロフィールを盛りすぎな人、写真もタレントの宣伝材料のようにバッチリ決めて、「座右の銘」や「ビジョン」、「格言」などを書き込んでいる人もいます。

   あえて情報を載せないことのインパクトを、事前に想定することも大切だということです。情報はシンプルで載せすぎないほうが、価値が高まるのです。(尾藤克之)

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中