2020年 6月 5日 (金)

仮想通貨のアツい季節が到来? キラリと光るビットコインはコロナショックを振り払えるか!

印刷

   新型コロナウイルスの感染拡大による、金融市場への影響が少しずつ落ち着いてきました。仮想通貨相場も底を打ち、年初の価格に戻ってきています。

   長引く自粛モードは、今後の実体経済への影響が心配になるところですが、仮想通貨に関する明るい材料をお伝えしたいと思います。

  • ビットコインはコロナショックを振り払えるか!
    ビットコインはコロナショックを振り払えるか!
  • ビットコインはコロナショックを振り払えるか!

仮想通貨は春から初夏にかけて盛り上がる!

過去4年、ビットコインは値上がり傾向にある(出所:TradingView)
過去4年、ビットコインは値上がり傾向にある(出所:TradingView)

   過去4年の値動きを見ると、毎年4月から6月にかけて、仮想通貨市場は全体的に上昇傾向にあります。なかでも、その代表格の「ビットコイン」です。

   2019年に3月には40万円だったビットコインが、6月には150万円まで上昇したことは記憶に新しいでしょう。また、「仮想通貨元年」と呼ばれた2017年も、4月からビットコインが大きく上昇していきました。

   では、2016年から2019年の月別のビットコインのパフォーマンスと勝率を見てみましょう。

ビットコインの初夏は「アツい」!(出所:CoinMarketCapのヒストリカルデータより作成)
ビットコインの初夏は「アツい」!(出所:CoinMarketCapのヒストリカルデータより作成)

   パッと見てもわかるように、4月から6月にかけて上昇傾向が強くなっています。単純に、毎年4月1日に買って6月末にビットコインを売却すれば、投資資金が80%ほど増えている計算になります。

▼計算式(投資資金を100とした場合) 100×23.91%(4月)×32.33%(5月)×11.68%(6月)=約183(%)

   こんなにおいしい話があってもいいのでしょうか。そもそも、なぜこの時期にこれほどまで上昇しているのでしょう。それは大きな理由が4つ、考えられます。

【仮想通貨が上昇する理由】
・ マイニング市況の好転
・ 新規投資マネーの流入
・ 大規模イベントの開催
・ 法整備の進展

   では、それぞれ解説していきましょう。

ひろぴー
FX・仮想通貨トレーダー兼コラムニスト。
サラリーマントレーダーとして、「FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。 現在はラジオ日経で投資番組のパーソナリティを務める傍ら、「ザイ!FX」や「みんなの仮想通貨」などのポータルサイト大手での執筆活動にも精力的に取り組んでいる。2015年からは仮想通貨の可能性に注目。仮想通貨への投資を開始した。香港系プライベートファンドにも運用している。
仮想通貨Webサイト:Bitcoin-FXも運営しており、仮想通貨情報発信も行っている。
・仮想通貨ブログ ビットコインFX:https://bitcoin-fx.jp/
・初心者もできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト:https://btc-eth.jp/
・Twitter:ひろぴーFX@仮想通貨@hiropi_fx
児山 将(こやま・しょう)
2009年の大学4年時にFXをはじめ、一度は飲食店の店長として働くも相場に関りたく金融メディア大手に就職。記事執筆とサイトのディレクションを行う。FX以外にも、株、指数、オプション、商品、仮想通貨など多岐に渡る商品を取引。現在はフリーランスとしてサイト制作やコンテンツ制作を行いながら個人投資家として活動する。
・Twitter:児山 将@goahead5055
・初心者でもできる、ビットコイン・イーサリアム投資情報サイト https://btc-eth.jp/
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中