2020年 9月 25日 (金)

【コロナに勝つ! ニッポンの会社】コロナ禍で注目の「空調」設備 クボタの「ピュアウォッシャー」が顧客と、社員と家族の安全・安心に寄与するワケ

ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   新型コロナウイルスの感染拡大の影響で空気清浄機の注目度が高まるなか、農業機械や建設機械の製造・販売で知られるクボタが2016年に発売した、多くの人が利用する医療施設やオフィスなどの業務用空気清浄器「ピュアウォッシャー」の販売に再び力を入れている。

   クボタでは、広いスペースをカバーするとともに、業務用ならではの機能でコロナ対策に使える空調設備として売り込む。

  • 除菌へのニーズは高まっている(写真はイメージ)
    除菌へのニーズは高まっている(写真はイメージ)
  • 除菌へのニーズは高まっている(写真はイメージ)

加湿機能付き空気清浄機、2~3月期に前年比39%増

   市場調査のGfK ジャパンが2020年4月22日に発表した「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による家電・IT市場への影響」によると、空気清浄機の販売台数は2~3月期で前年同期比18%増となった。売り上げをけん引したのは加湿機能を搭載したモデルで、このモデルに絞ると前年の同じ時期と比べて39%も増えた。

   空気清浄機は近年、花粉やホコリ、ウイルスなどの空気中に漂うさまざまな微生物や菌などを除する機能を搭載しており、人々が「快適に安心して暮らせる」製品へと「変化」してきた。コロナ禍のなか、その機能が改めて認識され、売り上げを伸ばす契機になった。

   例年、この時期は花粉対策として購入する人が多いが、適度な湿度を保つことが新型コロナの感染症対策となることから、加湿機能付き空気清浄機の需要が拡大したと考えられると、GfKジャパンはみている。

   「安心できる空間調整を」というニーズは、いまや医療施設や介護施設はもちろん、一般のオフィスにも広がっている。ただ、家電量販店で市販されている家庭用空気清浄機が適用する床面積は20~30畳程度で、医療施設やオフィスなどでは設置台数が複数必要になる。

   クボタの「ピュアウォッシャー」は、すでに医療施設をはじめ、保育園や幼稚園、店舗や工場などが利用しており、 2020年4月現在で全国の260社に約700台を設置している。「広い空間を1台で」のキャッチコピーで、一般のオフィスなどへの販売を拡大する。

   販売に当たるクボタ計装 CS企画部のピュアウォッシャー営業部、寳田俊介(ほうだ・しゅんすけ)氏は、

「コロナウイルスへの直接的な効果についてはまだ実証されていませんが、今年に入って引き合いが増えていることは事実です。従来は病院や介護施設での採用が多かったのですが、今後はより幅広い領域で導入していただければ、と思っています。なかでも、オフィス向けの営業を強化するため、自前の営業に加えて、大手機器販売会社などとのパートナー連携についても検討しています」

と話す。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中