2021年 5月 13日 (木)

【襲来!新型コロナウイルス】緊急事態の出口戦略「大阪モデル」めぐる大阪府VS政府バトルは吉村知事が圧勝、称賛の嵐!

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   「国が基準を示さないなら大阪府独自で」と、吉村洋文知事が2020年5月5日に新型コロナウイルス対策で制限している社会活動再開への「出口戦略」を示す「大阪モデル」を発表したことが物議を醸している。

   国に先駆けて「出口戦略」を出したことにカチンときた西村康稔経済再生担当大臣が同日の会見で、「(吉村知事は)勘違いされているのではないか」と不快感を露わにしたのだ。

   吉村知事は即座にツイッターで「ご迷惑をおかけした」と謝罪したが、この両者のバトル、ネット上では、

「勘違いはどっちだ。さすが、吉村知事はオトナの対応だ。西村大臣の器の小ささがひどすぎる!」

と、圧倒的に吉村知事に軍配を上げる声が多い。

  • 発信がわかりやすい吉村洋文知事(大坂府ホームページ知事会見動画2020年5月2日付)
    発信がわかりやすい吉村洋文知事(大坂府ホームページ知事会見動画2020年5月2日付)
  • 発信がわかりやすい吉村洋文知事(大坂府ホームページ知事会見動画2020年5月2日付)

「強い違和感を覚える」と敵意をあらわにした西村大臣

   吉村知事は5月5日の記者会見で「大阪モデル」を発表する際、

「大事なことはまず数値で示すということなので、数値で出口戦略をする。本来は国で示していただきたかったが、それが示されないということだったので、大阪府としてモデルを決定した」

と説明していた。

   これは、安倍晋三首相が5月4日に緊急事態宣言の延長を発表した際、宣言を解除する目安を「総合的に判断する」と相変わらず基準をあいまいしたままだったからだった。

   ところが、吉村知事が「大阪モデル」を発表したことについて記者団から聞かれた西村大臣は5日、ムッとしたような表情でこう語った。

「なにか勘違いされているのではないかと、強い違和感を覚える。各都道府県の裁量で休業要請なり解除なりを行っていただくわけなので、『休業要請を解除する要件の基準を国が示してくれないから』というのは大きな矛盾だ」

と語気を強めた。そして、

「今後の出口について(国として)責任をもって数値・基準をお示ししたいと考えている」

と答えたのだった。

   吉村知事は5日、ツイッターに、

「今後は発信を気をつけます。ご迷惑をおかけしました」

と投稿して陳謝。すぐに矛を収めた。

   ところで、「大阪モデル」とは何か。大阪府のホームページで詳しく紹介されている。基準は次の3つだ。

(1)市中での感染拡大状況が、感染経路が不明な新規感染者が10人未満に収まる。
(2)同じく検査を受けた人に占める陽性者の割合(陽性率)が7%未満に収まる。
(3)医療機関のひっ迫状況の緩和条件として、重症病床の使用率が6割未満になる

   この3点を「警戒信号の消灯基準」とした。(1)と(2)の数値は日々の変動が大きいため、過去7日間の平均をみる。そして7日連続で基準を満たせば段階的に自粛を解除していく。満たさなければ元の「警戒信号の点灯」に戻るという流れだ=図表参照。さらに大阪府民を励ますために基準を満たした日は、大阪城公園のライトアップを緑、警戒が必要ならば黄、基準の2倍以上の数値が出たら赤と色分けして府民に知らせるという。

「大阪モデル」の考え方と流れ(大坂府ホームページより)
「大阪モデル」の考え方と流れ(大坂府ホームページより)

「大阪モデル」に感染症専門家は賛否両論

   「大阪モデル」について、感染症の専門家はどう見ているのだろうか――。朝日新聞(2020年5月6日付)「時々刻々 大阪モデルの行方は――専門家の見方は」で、関西福祉大学の勝田吉影教授(渡航医学)は、警戒信号の「点灯」と「消灯」の基準が示されたのがポイントだと評価したうえで、

「いつになったらこの状況が変わるのかという出口戦略が求められる。併せて再び感染者が増えた場合に対策を厳しくする『入り口』を示したことで納得は得られやすい。(ただ)対策を緩めることで感染者が再び増える恐れがある。自粛解除された大阪にほかの地域から人が来た時の対策を考えておく必要がある」

と指摘した。

   5月6日のTBS系、朝の情報番組「グッとラック」で、小林寅喆(いんてつ)東邦大学教授(感染制御)「(吉村)知事が言っているように、大事なことは『見える化』です。根拠を示し、どうすれば自粛が解除されるかがわかります。ただ、東京はまだ100人弱の感染者が出ているので、このような数値を出すにはまだ時間がかかるでしょう」

   また、関西テレビニュース(5月6日)のインタビューに応じた「りんくう総合医療センター」の倭正也(やまと・まさや)感染症センター長は、

「現場の生の声を聞いたような議論で決まっている数字ではないな、という印象を強く持ちますよね。(重症者の病床使用率60%未満というのは)もうちょっと下げるべきだと思う。当院での現状を見ても、せめて50%未満くらいにはしとかないと」

と、厳しい見方を示した。

   「大阪モデル」に関しては、専門家の間でも自粛解除の基準の「見える化」については一定の評価があるものの、中身については賛否が分かれた。

「大人の対応」の吉村知事、「大人げない」西村大臣

記者会見をする西村康稔経済再生担当大臣(政府インターネットテレビ2019年9月22日付)
記者会見をする西村康稔経済再生担当大臣(政府インターネットテレビ2019年9月22日付)

   しかし、吉村知事と西村大臣の「大阪府」VS「政府」のバトルでは、吉村知事への称賛の声が圧倒的で、政府を支持する声はまったく見当たらない。

   吉村知事が素早く謝罪したことも「オトナの対応だ」と、大いに評価を高めた。逆に西村大臣は「大人げない」と男を下げたのだった。

「吉村知事、大人の対応ですね。今ここで国と争わない姿勢を見直します。本当は言いたいことあると思いますよ。しかし、ぐっと抑えて謝罪までするとはね」
「このあたりが橋下徹・元大阪府知事と違うところだね。橋下さんならケンカしてグジャグジャになっている。吉村さんは大物だわ。すっぱり謝罪して無駄なことに深入りしないのは大正解。府民のための仕事を第一に考えている」
「吉村知事と西村大臣の器の大きさが露呈した。政府の無策を晒されて、いちゃもんをつけるだけになった西村大臣には心底呆れました。政治は結果責任です。西村大臣、口先だけではなく、結果を残してください」
「ここで吉村知事に謝られたので、西村大臣は大阪モデル以上の具体案を出さなきゃいけない。まんまと吉村知事の土俵に上がっちゃった西村大臣、今後さぞ大変になりそう。これでフワッとした言葉で濁せなくなったよ。大阪モデルを越える素晴らしい指標を示してくれるはず!これは吉村さん、グッジョブです!」
「西村大臣が言うべきコメントは『勘違いするな』ではなく、こうだったはずだ。......地方の知事に出口戦略を出させてしまったことは大変申し訳ない。専門家の数が多すぎて話をまとめるのに時間がかかってしまった。次からは国発信でやりますので、今回のことは許してください。吉村さんは、現場での肌感覚でお分かりになったのですね。ここに居るとそういうのに鈍感になり、自分でも政治家としての衰えを感じます。若い政治家が出てきた事大変心強く思います。これからもし先に思いついた事があれば教えてください」

世論調査「最も評価する政治家」1位は吉村知事、2位小池知事

   ちなみに、毎日新聞(5月7日付オンライン版)「最も評価する政治家は大阪・吉村知事、2位東京・小池氏 好感発信」によると、毎日新聞と社会調査研究センターが6日に実施した全国世論調査では、新型コロナウイルス問題への対応で「最も評価している政治家」のトップに吉村洋文大阪府知事が選ばれた。具体的に名前を挙げた人の約半数が吉村氏に集中するほどのダントツの人気だった。

   2位に東京都の小池百合子知事、3位に安倍晋三首相、4位は北海道の鈴木直道知事、5位に公明党の山口那津男代表と続いた。西村康稔経済再生担当大臣は10位までのランクに入らなかった。

   吉村氏は大阪府民にとっても誇りの知事だ。

   「大阪府民です。こんな私でもわかりやすく話してくれる吉村さん。府民のために一生懸命です。何もしていないような大臣が一知事を批判するなんて残念。今は、日本中が一つになりコロナに勝つことが大切。吉村さん大変だと思いますが、コロナに勝ちましょう」

   「関西ローカルだか、昨日の読売テレビの『ニュースten.』に出演したときの吉村知事の質疑応答は圧巻だった。質問事項も数多く、本当に多岐に渡っていたのだが、そのすべて納得のいく解答があり、リアリティーと情熱を持って説明していた。今までも信頼感は持っていたが、ここまでできる人とは驚きで、感動的ですらあった。スタジオの中谷しのぶアナもうっとりするような目で見つめていた。大阪の希望だ」

   (福田和郎)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中