2020年 7月 17日 (金)

【コロナに勝つ! ニッポンの会社】アパレルベンチャーが医療用ガウン製造 長崎の老舗焼酎メーカーで消毒用アルコ―ル

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!
  •  医療従事者を保護する「エアロゾルボックス」
    医療従事者を保護する「エアロゾルボックス」
  •  医療従事者を保護する「エアロゾルボックス」

岐阜市の2社が「エアロゾルボックス」で協業

●医療従事者を保護する「エアロゾルボックス」多様化して販売

   新機軸のベビーカーや電動車いす、防護具の開発、製造・販売を行う岐阜市の株式会社キュリオは、アクリル製の装備品を手がける株式会社プロスパー(岐阜県羽島市)と、新型コロナウイルスの感染者の頭部を覆って飛沫などの飛散を防いで、医療従事者を保護する「エアロゾルボックス」を開発。医療現場への販売を始めることを、5月6日に発表した。

   台湾で医師らにより考案されたアクリル製ボックスである「エアロゾルボックス」を参考に、プロスパーが試作。50台を全国25か所の病院へ無償提供。その後、改良などの要望を受けて開発したのが、今回の「エアロゾルボックス」だ。

   キュリオと香川大学創造工学部の井藤隆志教授が共同でデザインなどを行った。ストレッチャーに載せる幅の狭いものや、側面のパネルをスライド式にして取り外せるようにしたものなどバリエーションを増やした。

●対面で使う「飛沫飛散防止パーテーション」

アクリル板を木製台に差し込むシンプルな構造
アクリル板を木製台に差し込むシンプルな構造

   建築部材の製造・販売を手がける福岡県朝倉市の株式会社オークマは5月7日、打ち合わせや接客などの対面時に使う「飛沫飛散防止パーテーション」の取り扱いを始めた。新型コロナウイルスによる感染の予防が求められるなか「少しでも快適に過ごす」手段として開発した。

   透明アクリル板を、木製の受け台に差し込むシンプルな構造で、組み立てや工具は不要。アクリル板の大きさにより種類は3種類(90×60センチメートル、90×70センチメートル、92×90センチメートル)。価格は9900円~1万9800円(税込、送料別)。

●透明ポリ袋が使える簡易仕切りフレーム

市販の透明ポリ袋が使える仕切りフレーム
市販の透明ポリ袋が使える仕切りフレーム

   プラスチックパイプのメーカー、株式会社高永化学(大阪市)は、新型コロナウイルスの飛沫感染の防止策として、企業のオフィスや店舗での販売窓口、公共機関の受付などで、透明ポリ袋を使って簡単に設置できる「簡易仕切りフレーム」を開発した。5月4日の発表。

   組み立てはパイプにジョイントを差し込んでフレームを作り、この上から透明ポリ袋をかぶせるだけ。S(幅60センチ×高さ76センチ)、M(87センチ×80センチ)、L(127センチ×80センチ)の3タイプ。価格はSが1484円、Mが3094円、Lが3214円(いずれも税別、送料別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中