2022年 8月 15日 (月)

【尾藤克之のオススメ】家にいるとつい食べちゃう 自粛で運動不足のあなた、ダイエットにはなにが必要?

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「コロナ自粛」の運動不足でカロリー過多。なにやら最近、お腹が出っ張ってきたような気がします。はて、どうしたものでしょうか――。

   こんなお悩み、増えていますよね。改善のポイントは、「ズバリ『食べ方』にあります!」。そう主張するのは、管理栄養士、健康運動指導士として活動している菊池真由子さんです。

「食べれば食べるほど若くなる法 」(菊池真由子著)三笠書房
  • 「きのこ」は低カロリーで食物繊維が豊富!(写真は、しいたけ)
    「きのこ」は低カロリーで食物繊維が豊富!(写真は、しいたけ)
  • 「きのこ」は低カロリーで食物繊維が豊富!(写真は、しいたけ)

「きのこ」は食べれば食べるほど腹が凹む

   「きのこ」は、秋の味覚と思いがちですが、栽培物は通年出荷されています。しいたけ、しめじ、まいたけ、えのき、なめこ......。多くの種類があります。「きのこ」に共通するのは、低カロリーで食物繊維が豊富であること。ダイエット中の方や、便秘がちな方にオススメしたい食材といえます。

   菊池さんは、きのこを食べる「菌活」を推奨しています。「菌」は訓読みで「きのこ」。「菌活」とは、カラダによい働きをする菌をまるごと食べることです。

「中年太りというイヤな言葉がありますが、そもそも、なぜ年をとるとお腹が出てしまうのでしょうか。『基礎代謝が低下するため、摂取した食べ物を十分に消費できなくなるから』『成長ホルモンの分泌が少なくなるため、脂肪を燃焼する力が低下すること』が主な原因です。いずれにせよ、年齢とともに太りやすい体に変化していくため、なんらかの対策が必要になります」

と、菊池さんは言います。

   さらに、

「簡単なのは、きのこをおいしく食べるだけの『菌活』。それだけで、太らない体に若返ることができます。きのこ類全般は、1パック(平均100グラム)で約20キロカロリーと、超低カロリー。カロリーを気にせず食べられるうれしい食品です。これだけでもダイエット効果があります。しかも、きのこは食物繊維が豊富。腸内環境が一気によくなります」

   そう言うのです。

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学客員研究員。
議員秘書、コンサル、IT系上場企業等の役員を経て、現在は障害者支援団体の「アスカ王国」を運営。複数のニュースサイトに投稿。著書は『最後まで読みたくなる最強の文章術』(ソシム)など19冊。アメーバブログ「コラム秘伝のタレ」も連載中。
コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中