2021年 1月 25日 (月)

【尾藤克之のオススメ】家にいるとつい食べちゃう 自粛で運動不足のあなた、ダイエットにはなにが必要?

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

太るのは環境要因が大きい

   そして、最近注目されている「キノコキトサン」という成分があると、菊池さんは言います。どのような成分なのでしょうか。

「キノコキトサンは、脂肪の吸収を抑えて排出を促す働きがあります。きのこ類の中でもエノキダケに多く含まれています。エリンギ、マイタケにはビタミンB群が豊富。ビタミンB群が十分にあると炭水化物、タンパク質、脂肪の代謝がサポートされ、余分な脂肪を体にため込まないようになります。ビタミンB群はダイエット効果と若返り効果をもたらします」
「逆に、ビタミンB群が不足すると、太りやすい、疲れやすいといった、老化の症状が現れます。きのこ類は、味噌汁として食べるのがおすすめです。味噌には『こうじ菌』が含まれています。きのこ類には種類ごとに持つ菌が違います。複数の菌を混ぜて一緒に食べることで、「菌活」の効果はグンと高まります」

と、菊池さんは説明します。

   複数の菌を摂取できる簡単な料理は「味噌汁」です。なめこ、えのき、しめじなど、さまざまな種類のきのこを味噌汁に入れることで、おいしく健康的な自粛ライフを送ることができます。

「太るのは遺伝よりも、圧倒的に食生活(環境)の影響が大きいと考えています。たしかに、血縁のある家族なら遺伝的にも体質が似ています。両親や兄弟姉妹が太っていると、つい遺伝の可能性を考えたくなるものです。しかし、夫婦、つまり父親と母親との間では血縁関係はありません。当然、両親の体質はまったく違ってきます」
「にもかかわらず、家族全員が太っているというのは、どういうことでしょう。考えられる理由は家族そろって、『太りやすい食生活』をしているからに違いありません。家族全員が、カロリーオーバーの食事をとっている可能性があるのです」

   たしかに、おやつやお酒、おつまみは食べたことそのものを忘れてしまうものです。このような時には、食べたものの写真を撮るようにして自己管理をするのがいいと、菊池さんは指摘します。そして3日間程度、食べたものを全部写真に撮ってみることを推奨しています。

   メモではなく画像で可視化することで、予想以上に食べていたことにようやく気づくそうです。さらに、食事ごとにカロリー摂取量を計算するなど、自分への意識付けが必要になります。まずは3日間、「写真を撮る」ことからはじめてみませんか。驚きの事実が発見されるかもしれませんよ。(尾藤克之)

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中