2020年 11月 30日 (月)

ズバリ「危機の時代」 米投資家ジム・ロジャーズ氏が「予言」する「コロナショック」後の世界

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   米国の著名な投資家、ジム・ロジャーズ氏は、購入した株式を長期間保有し続ける保守的な投資戦略ではなく、状況によってポジションを変えるなどの投資スタイルで躍進。また、通貨や商品など投資対象の幅を広げ、ヘッジファンドの先駆者として知られている。

   先を読むことに定評のあるロジャーズ氏。2008年の「リーマン・ショック」を予測し、2019年には「2020年にも未曾有の危機がやってくる」と予言していた。

「危機の時代 伝説の投資家が語る経済とマネーの未来」(ジム・ロジャーズ著)日経BP
  • 緊急事態宣言で利用者が減り閉じられた東京駅地下改札口
    緊急事態宣言で利用者が減り閉じられた東京駅地下改札口
  • 緊急事態宣言で利用者が減り閉じられた東京駅地下改札口

日本も危機の埒外ではない

   ジム・ロジャーズ氏は、2020年5月25日に発売された最新刊の本書「危機の時代 伝説の投資家が語る経済とマネーの未来」で、新型コロナウイルスの感染拡大が「予言」した危機の引き金になったと述べ、今回の危機は世界恐慌やリーマン・ショックと同じ流れを汲むと指摘する。

   今回までの、それぞれの危機から教訓を引き出し、歴史を振り返りながら今後の世界経済や金融、また米大統領選にまで及んで大胆な予測を述べている。

   2020年に経済危機が来ることは、経済紙を毎日隅々まで目を通していれば、前年のうちに気づいた人も多いはず、とロジャーズ氏はいう。インド、トルコなどの国々で財政状況が悪化し、その苦境は当事国ではトップニュースになっていた。

   中国では10年ほど前には潤沢だった外貨準備が底をつき、いまは借金漬けになっている。インドでは数年前から、貸出先の債務不履行(デフォルト)が多発。最近になって大手銀行が破たんした。

   各国で経済政策の行き詰まりのサインが少しずつ顕在化しており、日本もリーマン・ショックがあった2008年に比べると負債総額が膨れ上がっている。決して危機の埒外にいるわけではないと指摘する。

   そこに新型コロナウイルスが襲来。世界経済が大混乱し、企業倒産や失業者増加に対する懸念が急速に高まっている。新型コロナで弾けた格好の経済危機だが、なお悪かったことの一つは、トランプ米大統領が米国と欧州間の人の移動を制限したことだという。

「人が移動できず、直接会えず、働けなくなる。ほかに手がなかったのかもしれないが、それこそが景気減速そのものだ。世界経済にとって最悪で、景気悪化に拍車をかけた。これから企業の経営破綻が世界に広がっていくだろう」

と、ロジャーズ氏はかなり悲観的だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中