2020年 10月 20日 (火)

【襲来!新型コロナウイルス】「日本に水商売の文化が消えることはないわ!」バッシングを受けるキャバ嬢、クラブママが打った生き残り術は?

カンタン約1分!あなたの健康に関するアンケートのお願い
「夜の街には近づかないように。特に新宿エリアには、あえてと申し上げたい」

   2020年6月2日に「東京アラート」を発令したとき、小池百合子都知事からクラスターの発生源として名指しで非難された水商売業者が窮地に陥っている。

   また翌3日には、「接待を伴う飲食店」では企業が接待に使う店と紛らわしいということで、西村康稔経済再生担当相からも「キャバクラなどの飲食店」と追い討ちをかけられた「キャバクラ」はたまらない。

   そんなキャバクラ関係の店を救おうと、ナイトクラブやキャバレー、ホストクラブなどでつくる社団法人・日本水商売協会(甲賀香織代表理事)が、新型コロナ感染を防ぎつつ、お客が楽しめるという「スマキャバ」なるシステムを考案した。いったい、どんな楽しみ方なのか――。

  • 「スマキャバ」で、楽しんで!(日本水商売協会代表理事の甲賀香織さん。協会ホームページより)
    「スマキャバ」で、楽しんで!(日本水商売協会代表理事の甲賀香織さん。協会ホームページより)
  • 「スマキャバ」で、楽しんで!(日本水商売協会代表理事の甲賀香織さん。協会ホームページより)

キャバクラ店、キャバ嬢、客、社会の4者がWIN-WINに

「スマキャバ」のススメ(水商売協会ホームページより)
「スマキャバ」のススメ(水商売協会ホームページより)

   日本水商売協会が6月4日にホームページで発表した「日本水商売協会はオンラインキャバクラ『スマキャバ』を推奨します」という記事によると、「スマキャバ」は、スマートフォンの画面を通じてキャバ嬢とお客が一対一で向き合うサービス。店の経営者、ナイトワークの女性の双方を応援し、お客、そして社会の4方向のWIN-WINを目指すという。

   新型コロナが猛威を振るい始めてから、多くのオンラインキャバクラのサービスができたが、同協会によると、

「そのほとんどがキャスト(女性接客スタッフ)と事業者の直契約で、現在苦境に立たされている店側を支援する仕組みになっていません。しかも店のキャストではない素人の女性を、あたかも水商売従事者のようなイメージで打ち出す業者も多くみられ、プロの接客を提供している水商売業界自体の価値を棄損する可能性も懸念されます」

というのだ。

   そして、こうした問題を解決するために「スマキャバ」では、

「接客クオリティーが担保され、しかも店側にも利益が還元される支援体制が整っています」

というわけだ。

「女性の素敵な笑顔はいつの時代も求められるもの」

   具体的には、どう「楽しむ」のだろうか――。ホームページには、こう書いてある。

「女の子は普段どおりお店に出勤し、ソーシャルディスタンスを確保した席で各々待機。ドリンクのオプションをいただいたら、実際に店舗でボトルを開けていただきます。(お店再開時に、オンラインでいただいたドリンクをサービス価格などでご提供などの仕組みがあると、お客様の再来店につながりますね!)*実際に、『スマキャバ』ではオンラインのお客様から数万円のシャンパンオーダーや、VIPルーム利用オーダーも入っています!」

とある。

   実際に店に行った雰囲気が味わえそうだ。これ以上の仕組みについては、店側との説明会で紹介するとのことだが、実際に店に行ったくらいに高くつくことを覚悟したほうがいいかもしれない。

   代表理事の甲賀香織さんは、こうコメントしている。

「我々の闘いは、長期的な視点で考えていかなければいけません。事態が収束しても、いつまた休業要請になるかわからないからです。そこで、この状況を受け入れ、変化に則した営業形態を探していくことが生き残っていく術だと考えます。オンライン接客と対面の接客、両方からの収益を見込めること、新規のお客様を獲得し、既存のお客様のフォローができること、店舗とキャストさんの両方が共存できること。これらすべてが実現できるスマキャバの仕組みは画期的です。
どんな苦境に立たされても、日本に『水商売』の文化が消え去ることはないと思っています。女性の素敵な笑顔はいつの時代も、人々から求められるものです。共にこの変化を乗り越えて、明るい未来を生きましょう!」

(福田和郎)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中