2020年 11月 28日 (土)

コロナ禍が決定打 「made in USA」の象徴 あのブルックス・ブラザーズが街から消える日(井津川倫子)

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   新型コロナウイルスの経済活動への影響が広がるなか、驚きのニュースが飛び込んできました。紳士服ブランドの老舗、米ブルックス・ブラザーズが破たんの危機に直面しているというのです。

   歴代大統領が愛用したことでも知られるブルックス。日本でも熱心なファンが多く、金色の子羊のロゴが輝くシャツやセーターが人気でした。

   コロナ禍で大手アパレルが次々と姿を消していますが、「まさかブルックスまでが......」と嘆く声が聞こえてきます。そんなブルックスですが、なぜ、米国人にとって「特別な存在」なのでしょうか?

  • あのブルックス・ブラザーズが街から消える!?(写真はイメージ)
    あのブルックス・ブラザーズが街から消える!?(写真はイメージ)
  • あのブルックス・ブラザーズが街から消える!?(写真はイメージ)

ラルフ・ローレンも店員だった!

   数か月前から、経営不振に悩むブルックス・ブラザーズが身売り先を探しているというニュースが出回っていましたが、このほど、同社CEOのクラウディオ・デル・ベッキオ氏が米紙ニューヨーク・タイムズのインタビューで、米国内の工場が操業停止の危機にあることなどを率直に語り、世間を驚かせています。

'Made in America' status is in peril
(メイド・イン・アメリカの地位が危機に陥っている:米ニューヨーク・タイムズ紙)
In peril:危機に陥っている

Brooks Brothers is likely on the edge of bankruptcy
(ブルックス・ブラザーズが破産寸前だ:フォーブス誌)
on the edge of~:~の瀬戸際にいる、今にも~しそうだ、~寸前だ

   インタビュー記事によると、ブルックスは2020年に6900万ドル(約74億円)の損失を計上する見込みで、負債は3億ドル近いとのこと。

   これまで「メイド・イン・アメリカ」にこだわって国内工場を維持してきたものの、2020年7月までに買い手が現れない場合は「閉鎖」が現実的になる、と述べています。

   ブルックス・ブラザーズといえば、個人的には若い頃から全身ブルックスで揃えていた、おしゃれでお金持ちの先輩(現60代)を思い出しますが、米国人にとっては「特別な存在」のようです。

   1818年にニューヨークで創業されたブルックス・ブラザーズは、「世界最古の紳士服販売店」とされ、200年以上続く歴史の中で数多くのエピソードを誇っています。

   あの、ラルフ・ローレン氏がかつてセールススタッフとして働いていた、というのも驚きですが、クラーク・ゲーブル氏やアンディ・ウオーホル氏といった米国を代表するスターや歴代の大統領たちに長年に渡って愛されてきました。

   南北戦争の軍服を作っていたり、リンカーン元大統領が暗殺された時に同社のコートを着ていたり、初の黒人大統領となったバラク・オバマ氏が就任式でコートを着用していたりなど、歴史的なエピソードにも事欠きません。

   野心的なウォール街バンカーの「定番」とされ、「ハレの日にはブルックスを着る」のが米国のマインドでしたから、「メイド・イン・アメリカ」からの撤退はブランドの価値そのものを揺るがす衝撃的な決断だと言えるでしょう。

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中