2020年 11月 29日 (日)

似てるけど、ちょっと違う「MaaS」と「CASE」? 未来の交通機関の「正体」を理解する

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   「MaaS(マース)」という言葉を聞いたことがある人は多いはず。「Mobility as a Service(モビリティー・アズ・ア・サービス)を略した言葉で、「サービスとしての移動」という意味だ。AI(人工知能)やICT(情報通信技術)を交通に採り入れ、バラバラに動いている交通機関を有機的に利用できるようにして、暮らしやすい社会をつくる狙いがある。

   一方、ドイツの自動車メーカーが未来の自動車社会を指して、Connected(接続)、Automated(自動化)、Shared(シェアリング)、Electric(電動化)の頭文字をとった造語の「CASE(ケース)」がある。こちらは、クルマがインターネットにつながって自動運転が可能になるなどハード面での変化を示唆している。

   本書「ストーリーで理解する 日本一わかりやすいMaaS & CASE」は、この二つのコンセプトによって切り拓かれようとしている新時代を展望、解説。「MaaS」 と「CASE」は、誕生の経緯は異なるが、よき「相棒」同士であることが示されている。

「ストーリーで理解する 日本一わかりやすいMaaS & CASE」(中村尚樹著)プレジデント社
  • 日本では公道での自動運転バスの実証実験も行われた
    日本では公道での自動運転バスの実証実験も行われた
  • 日本では公道での自動運転バスの実証実験も行われた

フィンランドの学生論文がきっかけの「MaaS」

   「MaaS」という用語が登場したのは2014年5月、フィンランド・ヘルシンキのアールト大学大学院の学生、ソニア・ヘイッキラさんの修士論文の中という。この大学は、起業家マインドの育成で世界的に知られており、ヘイッキラさんの論文はメディアの注目を集め、その後にMaaSの考え方が事業化されて広く知られるようになった。

   さまざまな交通手段を使って行う移動を、一つのサービスとしてシームレスに捉え、より効率的に、より経済的に、そして環境負荷を抑えながら実現するようにすることをいう。

   自動車や自転車などの移動手段を所有することなく、公共輸送サービスを組み合わせて使い、時には移動手段を借りたりしながら目的地に到達する。

   たとえば、マイカーが増えて道路渋滞が問題化してから、最寄り駅までマイカーを利用し、その先は公共交通機関を使うパーク・アンド・ライドという交通手段の組み合わせがはじまった。これも、MaaSの一環だ。

   パーク・アンド・ライドをMaaS化するためには、マイカーの代用を考えねばならない。その一つがスマートフォンのアプリで効率的に手配できる、住民間のシェアライドであり、オンデマンドのミニバスの運行という手段といえる。フィンランドのMaaSが支持された背景には、こうしたITやICTが利用しやすくなったことがある。

   マイカーの利用が必ずしも最適な選択ではなく、さまざまな交通機関を組み合わせて利用したほうが早く、安く、しかも安全に目的地に到達できることを知らしめたからだ。

   フィンランドの「MaaSアプリ」によるサービスが始まったのは、2016年10月。鉄道やバス、タクシーなどの交通事業者の情報案内機能と予約機能、決済機能などを統合。政府が事業者に対し、各種データをオープンにするよう義務付けた、「MaaSプラットフォーム」と呼ばれる土台部分を構築した。

   さらに交通事業者のチケットの販売ネットワークを広げるため、発券や決済のアプリケーションと連携するためのAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を公開。現在、稼働している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中