2021年 1月 26日 (火)

落ち着いてきたビットコインに微増の専修大にタイミングを計る慶大、明大はジッと......【カソツー大学対抗戦 第9週】

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   値動きが激しかったビットコインがようやく落ち着いてきた。つれて軟調だったリップルを保有する慶応義塾大学の馬医金満は、注視しながら「1ビットコイン=92万円台」あたりのタイミングをさぐる。

   そのビットコインを保有する専修大学のゆうは、微増。さすがに「前週、50万円まで落ちるという予測はあり得ませんね。悲観的になりすぎていました」と自嘲する。明治大学のITは、カソツー大学対抗戦のルールの「壁」に阻まれて「空売り」できず、ここはジッとがまん。中央大学のカンタロはお休み。

  • ビットコイン相場は落ち着いてきたけど……
    ビットコイン相場は落ち着いてきたけど……
  • ビットコイン相場は落ち着いてきたけど……

横バイのビットコイン「なかなか手を出しづらい」(明治大学)

   最近、明治大学の新入生と話をする機会があったのですが、大学の授業がオンラインであるがゆえに、なかなか友人関係を構築するのが難しいと感じているようです。私が新入生だった頃は、サークルの新歓時期などで他学部の学生と知り合ったり、多種多様な理由をもって大学に通う学生と出会えたりしたので、今年の新入生は人脈づくりという点では相当苦労しているみたいです。

   私も、新歓時期に知り合った学生とは一部で、今でも交流があるので、そういった機会を逃してしまっていると思うと少し心苦しいですね......。

   今週(6月15日週)の仮想通貨市場も、ビットコインは前週と引き続き、ほぼ横バイの状態が続いています。常に相場をチェックしているわけにもいけない私のような身としては、こういった状況ではなかなか手を出しづらいです。

   また11日18時、15日9時には、米国株と日経平均株価に連動した大きな急落がありました。15日の急落に関しては全戻ししましたが、それでもここ数日、底値が切り下がっていることに変わりありません。細かく取引をすれば利益を狙うこともできるかもしれませんが、できればトレンド自体が好転してほしいものです。

   今後、チャートが下落トレンドになった場合は、ある程度時間を置いてからトレードしなければならなくなる可能性が高く、静観の時間がかなり長くなってしまうかもしれません。

   また前週、児山さんにアドバイスしていただいたように、最近は株式市場と仮想通貨が連動して動く場面が多いです。前述した11日の急落は、米国株の急落に連動した値動きで、15日の急落も日経平均株価に連動した値動きのようです。そして、株式市場と連動した仮想通貨の値動きは、下落トレンドの時に相関性が高くなるのだそう。

   残念ながら空売りをすることは、カソツー大学対抗戦のルール上できないので、もし株式市場に連動した値動きを狙うとしたら、押し目買いしかありません。

   ここは私にとって我慢の時間かもしれません。相場を静観しつつ、今のうちに大学の課題に勤しみたいと思います。

◆ 児山将のワンポイントアドバイス
前週の仮想通貨市場は横バイ状態で取引に苦しみました。筆者も株式、為替の取引がメインで仮想通貨の取引は行わない日もありました。そんななか、週末の仮想通貨市場は堅調。サンデーダウ(IG証券提供)という週末の株式市場の値動きを個人投資家は気にしているのですが、ビットコインは堅調でした。22日の東京株式市場も意外に強く始まったことから、ビットコインは買われ続け、久しぶりに東京、欧州、米国市場とも上げ続ける1日となりました。また、ペイパルが仮想通貨の直販を始めるというニュース(2020年6月23日付「PayPal、暗号資産の売買機能を開始か─複数関係者」で跳ねる一面もありました。
材料難であるために、目立ったニュースには、わかりやすく反応する相場になっているようです。

前週からの損益   プラス・マイナスゼロ
6月19日現在        1万217円

ビットコイン、92万円台を割ったら......(慶応義塾大学)

   みなさん、こんにちは。馬医金満です。

   今週(6月15日週)の仮想通貨は、ちょっと値下がりしました。前週のビットコイン(BTC)は1BTC=102~104万円台で推移していましたが、今週は少し落ちて99~102万円台を推移しており、わずかですが下落しました。

   現在なんとか100万円台は上回っていますが、今後90万円台が長引けば、ズルズルと下落する可能性もあるのかなと思います。

   また、アルトコインもビットコインと同様に下落しており、保有しているリップル(XRP)は前週と同様に1XRP=20円台半ばをずっとさまよっている状況です。

   ちなみに、気になったニュースは、中国産業情報技術省(CIID)が18日に、37のパブリックチェーンを総合的に評価した仮想通貨格付けランキングの最新版を公開して、その中でビットコインとリップルの順位が共に2段階引き上げられたことです。

   CIIDの格付けは、中国の行政機関でもある機関が公開しているもので、仮想通貨の中でも主にパブリックチェーンの技術を評価するための「技術ベースの評価指標」として情報が提供されています。中華系の仮想通貨が例年上位にランクインしていますが、その中でこの2通貨の格付けが引き上げられたのは、興味深いと感じています。

   さて、今週の取引ですが、特に取引していません。

   リップルが前週とそこまで変わらない価格だったので、前週に比べて14円マイナスの1万205円となっています。

   ちょっとビットコインが下がり始めているので、92万円台を割ったら、何かしらのアクションを起こしたいなと思います。

   では、また来週!

◆  児山将のワンポイントアドバイス
リップル(XRP)が年初の価格である20円に近づき、さすがにこのあたりは値ごろ感で買ってくる投資家も多そうです。さて、直近のリップルに関連するニュースはふたつありました。
ひとつは、グローバルな送受金プロセスをシンプルにするユニバーサルな送金ID「PayID」の発表。送金プロセスを簡素化する送金ネットワークの構築により、世界標準のデジタル決済の導入と普及が加速するといいます。米国の金融犯罪捜査網の要件と金融活動作業部会の勧告の両方を準拠するということで、グローバル基準を取り、今のところ信頼度は一番高いのではないでしょうか。
そして、ふたつ目が年内にXRP利用のODL送金サービスを予定しているというもの。 これにより、法定通貨の値動きにほぼ影響されずに、早く安く国際送金を行うことができます。なお、現在ODLを利用している金融機関として公表される企業数は20社超。リップルのODLネットワークは、2020年第1四半期に取引高が約3倍に増加しています。

前週からの損益  マイナス14円
6月19日現在    1万205円

保有する仮想通貨   リップル

「あり得ない(笑)」悲観的になり過ぎた(専修大学)

   おはようございます。専修大学のゆうです。

   さて、今回の総資産ですが2020年6月21日21時時点では1万299円です。増加率は1%未満ですが、微増です。ここ最近の取引ですが、リスクを減らすために全財産をビットコイン(BTC)に投資するのではなく、半分を投資するやり方をとっています。増加率のほうはリスクを削る分、少なくなってしまいますが小心者の私にとってはいい方法であろうと考えています。

   今週(6月15日週)のBTC市場ですが、98万円台後半から102万円あたりのレンジにいました。あまり激しい値動きなどはなかったので、市場的には安定していたのかなと考えています。前週、自分の勝手な予測の50万円まで落ちるというのは現実にはあり得ませんね(笑)。悲観的になりすぎていました。

   6月22日~28日の予想ですが、日本では経済活動が再開するなど明るいニュースが多いような気がしますが、アメリカではデモが拡大し、新型コロナウイルスの感染第2波が懸念されています。前週のダウ平均株価の下落と相関したような動きがBTCにも見られるかもしれませんので、市場を広く観察していきたいと思います。

   小言ですがあっという間に6月が過ぎてしまいました。最近は小説を読み、時間を使っています。村田沙耶香「コンビニ人間」と安部公房「砂の女」という作品を読みました。どちらも趣深い作品でした。みなさんも、お時間がありましたら、是非!

◆ 児山将のワンポイントアドバイス
投資においてリスク管理は最重要です。毎年、短期間で億を稼いだり、資産を10倍にしたりする人が登場しますが、そのほとんどが短期間で資金の多くを失い、納税すると利益をほぼ失うという状況に陥ります。
投資を行う額は、ポジションを保有してもハラハラドキドキしない金額が適切だと思います。そうでないと、冷静な判断ができなくなり、相場ではなく金額の上下で決済を行う結果となることが非常に多いからです。
そのため、ゆうさんのポジション管理は良い判断だと思いますよ。投手手法やポジション管理は、自身の性格に合った方法が、一番ストレスなく良い結果を生むと思いますので、無理のない方法を探してみてください。

前週からの損益   プラス55円
6月19日現在    1万299円

◆ 今週も体調がすぐれず、取引をお休みしました。(中央大学)

前週からの損益   プラス・マイナスゼロ
6月19日現在          1万円

プロフィール
明治大学 IT
法学部2年、群馬県出身。多少のFX経験はありますが、仮想通貨は未経験です。
好きなミュージシャンはThe 1975とColdplay。好きな作家は村上春樹とさくらももこ。未熟な部分も多いですが、温かい目で見守っていただければと思います。よろしくお願い致します!
慶應義塾大学 馬医金満
環境情報学部3年。2年連続の参戦で、2連覇を目指す。周りの友達の多くが情報系、バイオ系の研究をしているなか、元日銀審議委員の教授の下、金融政策を学んでいるマイノリティ。4つのアルバイトを掛け持ちして、年に10日もフリーな日がない。仮想通貨の取引歴は約2年で、まだまだ初心者。現在、ブロックチェーン技術そのものの仕組みと、時事ニュースに興味津々。
仮想通貨で現金100倍! が目標。
専修大学 ゆう
経済学部3年。投資研究会TAMAGO所属。仮想通貨取引で失敗を経験している。趣味は散歩。ほかの大学の方々を参考にしたり話したりしたいと考えている。
群馬県出身。
中央大学 カンタロ
親が株式投資を少しかじっている程度で、私自身は初心者です。もちろん、仮想通貨も未経験なので、少しずつ運用に慣れ親しんでいきたいと思います。
趣味は漫才とチェス。
職業能力開発総合大学校 さっちん
電気専攻3年。飛び入り参加をすることになりました。残り時間は少ないですが、奮戦していきたいと思います!
友人とはよくボードゲームなどをしています。仮想通貨取引は初心者ですので、お手柔らかにお願いします!
将来は、田舎に篭って釣りでもして静かに生きていきたいです。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中