2020年 12月 6日 (日)

SFや推理小説がズラリ! 文庫本から気軽に「不思議な物語」の世界へ(Vol.12 「羊頭書房」)

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   羊頭書房はすずらん通りを少し外れた、比較的静かな雰囲気の通りに店を構えている。

   カラカラと引き戸を開けて店内へ入ると、目に入るのは背の高い本棚に整然と並べられた推理小説やSFの本だ。入り口付近の棚には主に翻訳物の文庫本が並び、店の奥に足を進めれば手品や囲碁将棋、洋書まで好奇心を刺激するさまざまな趣味の本が書棚に整列している。

kaisha_20200630112051.jpg
店主の河野宏さんは入口すぐのレジから店内を眺める
店主の河野宏さんは入口すぐのレジから店内を眺める

   「本当はもっと雑然としているほうが、古書店らしい趣があるのかもしれないけど......。私がやるとどうもこう、事務所っぽくなってしまうんです」と意外な悩みを漏らすのは、店主の河野宏さん。店の入り口すぐのレジから店内を眺めて、そう話す。

高校時代の友人との出会いがきっかけに

   ここ神保町で営業を始めたのは2000年。古書店業に関わることになったきっかけを聞くと、羊頭書房のごく近所に店を構える「ビブリオ」店主の小野祥之さんとの意外な関係を教えてくれた。

「じつは彼とは高校時代の同級生で。将来古書店をやるという話をずっと聞いていました。本が好きだったこともあり、私も興味を持ち徐々に古書販売の世界に。いろいろなことを教わりました。彼との出会いがなかったら、この業界に飛び込むことはなかったと思いますよ」
2軒先には同級生の営む古書店「ビブリオ」
2軒先には同級生の営む古書店「ビブリオ」

   学生時代の友人同士がこうして近所に、それぞれ店主として古書店を営んでいる。本の街神保町らしい、不思議な光景である。

なかざわ とも
なかざわ とも
イラストレーター
2016年3月学習院大学文学部卒。セツモードセミナーを経て桑沢デザイン研究所に入学、18年3月卒業。趣味は、宝塚歌劇団、落語、深夜ラジオ、旅行。学生時代より神保町に惹かれ、現在フリーペーパー「おさんぽ神保町」の表紙や本文のイラストを手掛けている。1994年、東京都生まれ。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中