2021年 4月 17日 (土)

【尾藤克之のオススメ】ドン・キホーテの「テーマソング」を歌う伝説の部長の仕事術

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で
「思い立ったらいつだって ドンキホーテで待ち合わせ。ドッカンとあふれる夢を買いましょ。気分は宝探しだね。ドンドンドンドンッキードンキーホーテーボリューム満点激安ジャングル」

   誰もが聞いたことがあるドン・キホーテのテーマソング。この曲の、作詞、作曲、歌まで手がけた伝説の部長が6月の終わりに仕事術の本を上梓しました。

   著者は、田中マイミさん。「ドン・キホーテ」でアルバイトから、延べ1万人以上の部下やスタッフをマネジメントし、部長まで昇り詰めました。

   田中さんが伝授する、仕事を本気で楽しみ成果を出す仕事術とはなんでしょうか。今回、いくつかのノウハウをご紹介します。

「楽しくなければ成果は出ない」(田中マイミ著)すばる舎
  • すっかりおなじみの「ドン・キホーテ」のテーマソング(写真は、新宿・歌舞伎町にあるドン・キホーテ)
    すっかりおなじみの「ドン・キホーテ」のテーマソング(写真は、新宿・歌舞伎町にあるドン・キホーテ)
  • すっかりおなじみの「ドン・キホーテ」のテーマソング(写真は、新宿・歌舞伎町にあるドン・キホーテ)

ミラクルショッピングの秘密

   ドン・キホーテの店内は不思議な空間に満ちています。まず、目当てのものを見つけにくいのです。しかし、店内が広いから目に入ったものを忘れないように手にとって買いすぎてしまいます。商品を高く積み上げることで、ジャングルのような空間を演出しているのが特徴です。この陳列方法は「圧縮陳列」と呼ばれています。

「ドン・キホーテでは、もともとダンボール陳列や商品を縦に積むディスプレイをしていました。そこに私が派手な装飾を加えて、現在のドン.キホーテならではのゴチャゴチャとしたジャングルのようなディスプレイにしていったのです。最初に私がカスタマイズしたのは、川崎店の高額商品やアパレル品の売り場。その一角だけ、異様に派手派手だったわけです」

田中さんは、そう説明します。

   そして、

「なぜ、そんな派手派手にしたかというと、『私がおもしろかった』から。じつは、私が高校生のころ、自分の部屋を同じようにカスタマイズしていたことがきっかけでした。おもしろい空間ができると、そこにいるだけで楽しくなる、ということを高校生のころから感じていたことでした。ドン・キホーテでも、それを思い出しやってみたのです」

と打ち明けます。

―― なるほど、そこには売り場をカスタマイズするための綿密な計算があったわけですね。

   田中さんは、

「いえ、自分で装飾用のモール材や造花、布などを買ってきて、脚立に乗って、とにかく自分が好きなように、鼻歌まじりでディスプレイしてみたのです。事前に完成イメージはなく、ここはこうするとおもしろいな、なんかいい感じかも、という感覚で作っていました。お客さんにしてみたら、『あの派手なコーナーはいったい何なんだ?』と目を丸くするだろうという計算がありました」
「もし私がお客なら、間違いなくそう思って、何の売り場なのかを確かめに行きます。その予想が的中して、実際にお客さんが集まって売り上げが伸び、最終的には年間売上800億円を超える部署になっていきました」

と、話すのでした。

最初はみんな、鼻で笑っていた

   田中さんによれば、最初のうちはみんな、そのやり方を鼻で笑っていたそうです。ほかの売り場の担当にしたら、「変なことをやっているな」と思っていたはずだと。

「売り上げが伸びるにつれて、横目に見ていた担当者が真似をするようになりました。同時に売り上げを伸ばし、気づいたら店丸ごと派手なディスプレイになっていて、全体の売り上げも伸びていったのです。以降、ジャングルのようなディスプレイは、ドン・キホーテの店舗全体のディスプレイとして定着し、売り場とにディスプレイで個性を出していくスタンスになっていきました」
「いいアイデアは自分ごとになってはじめて、人に刺さるものが生まれるのです。自分がクライアントやお客だったら、こんなの絶対おもしろい!と自分が本気でおもしろい、楽しいと思えるかがカギなのです。私自身、ディスプレイのアイデアを企画書にしたのではなく、『自分がこんなディスプレイに囲まれていたら楽しいな、お客さんも絶対に楽しいでしょ』と思って作っていったのです」

と、田中さん。

   自分が本気で楽しんでいることは、人に絶対伝わります。ドン・キホーテのように社員に任せる会社としての器量も必要になりますが、自分が好きなこと、楽しいというのは武器になるということです。

   本書は、「仕事がつまらないと感じている人」、「生産性を上げて働きたい人」、「仕事の成果をもっと上げたい人」、「職場の人間関係に悩みを抱えている人」にオススメできます。(尾藤克之)

<著者プロフィール>
田中マイミ
3歳の頃からピアノを習い始め、音楽と歌が大好きな幼少期を送る。高校在学中に、大阪で行われた第1回ヤマハシンガーオーディションにて延べ700人の中から優勝。高校卒業後、上京。ヤマハネム音楽院に入学後、19歳でボーカリストとしてメジャーデビューした後、シンガーソングライターとして活動して全3枚のシングルを出す。 ドン・キホーテでは、新店舗立ち上げ、マーチャンダイジング、商品本部の組織作りも行い、営業部長に昇格。当時、年間800億円の売り上げ部署で延べ1万人の人財育成を行いながら、実質的No.3で20年以上幹部として活躍。現在は、エグゼクティブコーチ、経営コンサルタントとして活動している。
Miracle Shopping~ドン・キホーテのテーマ~

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中