2021年 5月 8日 (土)

「客はすぐに戻ってくるさ!」勢いを増す広告ボイコットに、ザッカーバーグ氏が「一歩も引かない」理由(井津川倫子)

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   米フェイスブックと傘下のインスタグラムに広告出稿を停止する運動が広がっています。フェイスブック上で差別を助長する書き込みが放置されていることに抗議する「Stop Hate for Profit」(利益のためのヘイトを止めろ)運動が企業に波及。2020年7月1日から1か月間、スターバックスなど大手企業の広告がストップしています。

   ユニリーバやコカ・コーラなどボイコットに賛同する企業が続々と増えるなか、最高経営責任者(CEO)のザッカーバーグ氏はさぞかし意気消沈していると思いきや、意外や意外! 従業員に向けて「超強気」な発言をしていたことがリークされてしまいました。

   なぜ、ザッカーバーグ氏は逆風下でも強気でいられるのか。その理由を追ってみました。

  • ザッカーバーグ氏は強気の姿勢を崩さない!
    ザッカーバーグ氏は強気の姿勢を崩さない!
  • ザッカーバーグ氏は強気の姿勢を崩さない!

6兆円が吹き飛んでも「クライアントはすぐに戻ってくるさ!」

   「Stop Hate for Profit」運動は、6月から始まっていました。

   フェイスブックは以前から、利益を優先してヘイト的な書き込みを放置していると批判されていましたが、白人警官に首を押さえつけられて死亡したジョージ・フロイド氏の事件に関連した緩慢な対応がさらなる批判を呼び、世界中のグローバル企業を巻き込んだボイコットに発展したのです。

   今回の広告出稿ボイコットに加わった企業は約430社(7月 1日時点)にのぼり、コカ・コーラ、ユニリーバ、スターバックス、アディダス、マイクロソフト、フォード、フォルクスワーゲン、ホンダ、パタゴニア、ブルーボトルコーヒー、ザ・ノースフェイスなど、誰もが知っている有名企業が明らかになっています。ボイコットはさらに勢いを増していることから、賛同企業はまだまだ増えそうだと予測されています。

   フェイスブックの売り上げの98%は広告収入(2019年度)とされており、ボイコットの影響は甚大でしょう。さっそく、米通信社ブルームバーグは、フェイスブックの株価が時価総額で560億ドル(約6兆円)が吹き飛んだほか、ザッカーバーグ氏の純資産は70億ドル(約7500億円)余り目減りした、と報じました。

   ところが、世界中を巻き込んだボイコットにさぞかし頭を悩ませているだろうと思いきや、ザッカーバーグ氏は「超強気」な態度を崩していない様子。同氏が社内会議で発言した内容が暴露されるやいなや、その「強気」ぶりに世間が腰を抜かしました。

Advertisers will be back to Facebook 'soon enough'
(広告主はすぐにフェイスブックに戻ってくる)

   この「強気発言」を、英国営放送BBCは次のように報じました。

As the ads boycott grows, Mark Zuckerberg shows no sign of backing down
(広告ボイコットが加速するなか、マーク・ザッカーバーグは一歩も引かない:BBC)

   「back down」「撤回」「撤退」という意味。「shows no sign of backing down」「撤回のそぶりも見せない」、つまり「一歩も引かない」となります。

   7500億円もの資産を失っても、連日世界中のメディアでボイコットが報じられても「一歩も引かない」ザッカーバーグ氏。トランプ米大統領の度重なる差別投稿に正面から立ち向かった米ツイッター社の対応と比べると、より一層、違いが際立つように感じます。

「王者」フェイスブック、ボイコットの影響は「ほんの一部」

   それにしてもなぜ、ザッカーバーグ氏はこれほどまでに強気でいられるのでしょうか?

   社員にあてたメッセージのなかで、ザッカーバーグ氏はこう述べています。

We're not going to change our policies because of a threat to a small percent of our revenue
(我々は、ほんの一部の収益が脅かされるという理由でポリシーを変えたりしない)

   な、な、なんと! 400社を超える大規模広告ボイコットも、フェイスブックにとっては「a small percent of revenue」(収益のほんの一部)と言うのですから驚きです。

   実際、いくつかの海外メディアが、今回の大規模ボイコットがフェイスブックの広告収入に与える影響はさほど大きくないと報じています。

   フェイスブックの広告出稿上位25社(2019年度)の中で、ボイコットに参加しているのはマイクロソフト、スターバックス、ファイザーの3社だけ! しかも、上位企業が広告収入に占める割合は極めて小さく、たとえ上位100社がすべてボイコットしたとしても、同社の年間の広告収入のわずか6%にすぎない、との分析です。

   フェイスブック広告収入のほとんどを中小企業の広告が占めています。大手グローバル企業と異なり、限られた予算でやりくりをする中小企業にとって、フェイスブックのターゲティング力や顧客へのリーチ力は「unparalleled」(並ぶものがない)と評価されているそうです。

   さらにBBCによると、いったんは落ち込んだフェイスブックの株価も回復の兆しを見せているとか。今のところ、ザッカーバーグ氏の「一歩も引かない」戦略はうまくいっているようです。

   それでは、「今週のニュースな英語」は、「back down」(撤回、撤退)を取り上げます。

He refused to back down
(彼は撤退を拒否した)

We can't back down
(後には引けないよ)

We can't back down that easily
(そんなに簡単には後には引けないよ)

Don't back down from a challenge
(挑戦から逃げるな)

   新型コロナウイルスで浮き彫りになった社会のさまざまな矛盾や人々の怒り。差別廃止を訴える世論は収まる気配がありません。この先、他ブランドにもボイコットに追随するように求める圧力や、離脱する会員が増える可能性があります。

   数年後に振り返った時、ザッカーバーグ氏の「一歩も引かない」戦略はどう評価されるのか。残念ながら、私には希望の光は見えません。(井津川倫子)

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中