2020年 8月 12日 (水)

合コンも50%オフ?! 外食を半額補助する「英国流Go to キャンペーン」がヤバそうな理由(井津川倫子)

エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   英国のスナーク財務相が、新型コロナウイルスの流行で打撃を受けている外食産業への刺激策として、8月中の外食が最大50%の割引になる「Eat out to help out」(外食して産業を助けよう)キャンペーンを発表しました。

   一人あたり最大10ポンド(約1350円)を上限に半額を政府が出すという「大判振る舞い」に注目が集まっていますが、何と言っても欧州最大の犠牲者を出している英国です。ロックダウンが解除されるやいなやの「外食しようキャンペーン」は、果たして大丈夫なのでしょうか? 報道を見る限り「ヤバさ」が募るばかりですが......。

  • 「英国流GO to キャンペーン」で外食が50%OFF!
    「英国流GO to キャンペーン」で外食が50%OFF!
  • 「英国流GO to キャンペーン」で外食が50%OFF!

一人10ポンドで「巣ごもり」層を取り戻せる?

   英国政府がロックダウン解除後の景気刺激策の一つとして掲げた「Eat out to help out」(外食して産業を助けよう)キャンペーンは、月曜日から水曜日に外食すると、飲食代の最大50%の割引が受けられるというもの。一人当たりの割引額は最大10ポンドで、8月中は何回でも割引を受けられるそうです。

   スナーク財務相は、「レストランやカフェ、パブに顧客を戻す」ことで、「こうした場所で働く180万人の雇用を守る」と、キャンペーンの目的を説明しました。

Diners will get a 50% discount off their restaurant bill during August
(8月中、顧客はレストランでの代金から50%割引を受けられる)

   顧客はその場で割引を受けて、後でレストランが国に申請する仕組みだそうですが、約5億ポンド(約680億円)もの大型予算を見込んでいることから、かなり気合が入った政策であることは間違いなさそうです。

   3月下旬から感染対策としてロックダウンに入っていた英国では、飲食業を含む多くのサービス業が7月4日まで閉店を強いられていました。3か月以上に及ぶ休業は、産業全体に大打撃を与えています。

   一方、中高年を中心に、感染を恐れて「巣ごもり」する人が増えているらしく、ロックダウンを解除してもなかなか客足は戻らない様子。通勤を避けてリモートワークを継続するビジネスパーソンや外出を避けるファミリー層などの足をレストランやカフェに向けさせるのは至難の業です。

   こういった層にアピールするために、かなり大胆な策を取る必要があった、というのが実情だと思います。

   実際、「Eat out to help out」(外食して産業を助けよう)キャンペーンは、残念ながら、アルコールは対象から外れるそうですが、食事やスイーツ、ノンアルコールドリンクはすべて半額対象になるとのこと。カップルには最大20ポンド(約2700円)、4人家族には最大40ポンド(約5400円)の、「回数制限のない」補助はかなり魅力的です。

   前例のない、奇策とも言える今回の補助政策を、スナーク財務相は「We need to be creative」(我々は創造的にならないといけない)と、弁明(?)していましたが、苦肉の策に見えてしまうのは、私だけでしょうか?

kaisha_20170303104637.png
井津川倫子(いつかわりんこ)
津田塾大学卒。日本企業に勤める現役サラリーウーマン。TOEIC(R)L&Rの最高スコア975点。海外駐在員として赴任したロンドンでは、イギリス式の英語学習法を体験。モットーは、「いくつになっても英語は上達できる」。英国BBC放送などの海外メディアから「使える英語」を拾うのが得意。教科書では学べないリアルな英語のおもしろさを伝えている。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中