2020年 9月 29日 (火)

【尾藤克之のオススメ】あなたの部下が動かないワケは? それは「伝え方」に問題あり!

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

伝えたいことはシンプルにまとめる

   著者の吉田幸弘さんは、方法を「棚卸し」する必要性を説きます。「ルールは守らせるべきだが、状況や環境が異なれば、変えるのがルールである」と。

   さらに、「ルールをつくった根拠を考えずに『いいから守れ』と強制していたら、部下も納得がいきません。強制していたら自分で考えない部下になってしまう」と指摘します。

   つまり、ルールをガイドラインのひとつに過ぎないと考えればいいのです。他に適したやり方があれば変えることができるものと捉えられれば幅が拡がります。ルールは絶対不変なものではないのです。

   あなたの会社にはいませんか。「ひと言で簡潔に説明します」と言いながら、やたら話が長く「この人は何が言いたいんだろう」という上司が......。

   部下が聞く耳をもたなくなったら、コミュニケーションは崩壊していくでしょう。部下に指示をする前に、自分に投げかけることが大切です。脈略のない話ほどストレスを感じることはありません。

   吉田さんは、次のように述べています。

「何を話すかが頭の中で明確化されていないとシンプルに伝えることはできません」

と。

   伝える内容も体系立てて話せるようになるには、頭の中で明確化する必要があります。なお、本書には、基礎から応用まで多数の事例が紹介されています。新入社員や新任管理職の方へのオススメ本として紹介します。(尾藤克之)

尾藤 克之(びとう・かつゆき)
尾藤 克之(びとう・かつゆき)
コラムニスト、著述家、明治大学サービス創新研究所客員研究員
代議士秘書、大手コンサルティングファームで、経営・事業開発支援、組織人事問題に関する業務に従事。IT系上場企業などの役員を経て現職。現在は障害者支援団体のアスカ王国(橋本久美子会長/故・橋本龍太郎元首相夫人)を運営。NHK、民放各社のテレビ出演、協力、経済誌などの掲載多数。著書は多く、近著に「頭がいい人の読書術」(すばる舎)がある。
経営学修士、経済学修士。東京都出身。
https://amzn.to/2vPNTze
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中