2020年 9月 23日 (水)

【株と為替 今週のねらい目】コロナ禍「感染第2波」と「ワクチン期待」で株式相場は一進一退(7月20日~24日)

あのやずやの『にんにくしじみ』が半額に!?

   東京都の新型コロナウイルスの1日あたりの新規感染者数が過去最高に急増。大阪府や千葉県、埼玉県、神奈川県でも増加している。4月のような外出自粛や緊急事態宣言のような行動制限が発せられると、株式相場は一気にリスクオフに陥ってくる懸念がある。一方、海外では新型コロナウイルスのワクチン開発の進展が期待され、株式相場は一進一退の動きが続く。

   どうなる!? 今週の株式・為替マーケット!

  • 新型コロナウイルスの「感染第2波」が懸念される
    新型コロナウイルスの「感染第2波」が懸念される
  • 新型コロナウイルスの「感染第2波」が懸念される

東京株式市場 連休控え、模様眺め続く

日経平均株価予想レンジ:2万2000円~2万3000円

   2020年7月17日(金)終値 2万2696円42銭

   今週の東京株式市場の日経平均株価は、2万2000円から2万3000円のボックス圏での動きが続きそうだ。

   前週の日経平均株価は、3週ぶりに上昇した。新型コロナウイルスの治療薬やワクチン開発への期待が高まり、下値の堅い動きとなった。ただ、世界中で新型コロナウイルスの感染者拡大が続いており、東京でも1日当たりの感染者数が過去最高となるなど、上値も重い展開となった。

   今週の日経平均株価は、週末に連休を控え、模様眺めのなか、2万2000円から2万3000円のボックス圏での動きが続きそうだ。

   新型コロナウイルスの治療薬やワクチン開発に対する期待感で相場は底堅い動きを見せているが、感染者数の増加が相場の上値を抑えている構図に変化はない。特に、感染者数が過去最高を更新するほどの勢いを維持していることから、たとえば緊急事態宣言が再び発出される可能性が高まっており、こうした規制がかかれば相場は大きく下げる可能性がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中