2020年 12月 2日 (水)

「こじらせ」就活生の大問題! 「就活」の悩み、誰に相談する?(叶多凛)

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   思いどおりにいかなかったり、行き詰まってしまったり。就活は、トントン拍子には進まない。壁にぶつかってしまった時や、改めて「就活」を見直したくなった時。「誰か」に少し話を聞いてもらうだけで、ふわっと心が軽くなることがある。

   その「誰か」は誰でもいい。友達でも、家族でも、先輩でも。けれども中には、悩みを身近な人に相談するのが、なんとなく気恥ずかしくて苦手という人もいるだろう(それは、何を隠そうわたしのこと!)。

   でも、誰かに聞いてもらいたい。客観的なアドバイスが欲しい。そんな、「こじらせ就活生」のわたしが頼ったのは......。

  • 就活のお悩み、誰に相談する?
    就活のお悩み、誰に相談する?
  • 就活のお悩み、誰に相談する?

「就職エージェント」とのニガイ思い出

   「こじらせ就活生」とまではいかないまでも、就活の悩みを誰に相談していいのかわからないという就活生は、意外と多いのではないかと思う。

   就活に関する悩みには、ナイーブなものが多い。よっぽど親しい人でないと、なんとなく話題にもしにくかったりする。わたしの場合で考えると、親しい人だとしても、相手のアドバイスを素直に聞き入れることができない気がして、なんとなく相談しにくいというのもあった。

   その割に、「じゃあ、相談しないでよ!」なんて言われたら、心が折れちゃう。まさに、こじらせ......。

   就活をはじめてすぐの頃、就活の方向性がわからなくて、客観的な意見が欲しくなったことがあった。そのとき、たどり着いたのは、ある企業が運営している「就活エージェント」のサービス。就活エージェントとは、就活生が登録すると、無料で就活の相談やエントリーシートの添削などを行ってくれるサービスのこと。

   けれど、このサービスの一番の狙いは、就活生に企業を紹介し、その企業に就職してもらうことにある。なぜなら、彼らが行っているのは、「新卒」という人材を企業に紹介して内定を出してもらうことで、企業側から報酬を得るという「ビジネス」だからである。

   そのことをよく理解していなかったわたしも悪かったのだが、「就活の相談ができたらいいな」と思って就活エージェントと話してみたら、次から次へと興味もない企業を紹介され、「とりあえず行ってみなよ」と、別に行きたくもない企業の説明会に行くことになったりした。

   「あ、これは面倒くさいやつだ」と気づき、エージェントからしつこくかかってくる電話を無視し続けたら、いつしか連絡は来なくなったけど、割とイヤな思い出。たとえどんなに就活に迷っても、もう二度と就活エージェントには頼らないと心に誓ったのだった。

鈴木 修二(すずき・しゅうじ)
鈴木 修二(すずき・しゅうじ)
現在、東京都内の難関私立大に通っている3年生。現役就活生として、今まさに就職活動中の立場だからこそわかる、最近の就活の実態をつまびらかにしていきたい。
自分と同じ、来春(2021年)卒の学生には共感の場を、これから就活を控える2022、23年卒の学生には、就職活動にはびこる企業の体裁と内情の乖離を、正確に把握するための機会になれば、と思う。
そして、意中の企業に就職して、すでにキャリアを積んでいるであろうビジネスパーソンさんには、さまざまな企業の採用戦略をエンターテインメントとして読んでいただければ、うれしい。
kaisha_20200313181339.png
叶多 凛(かなた・りん)
現在、東京都心から少し離れた自然あふれる私立大学に、のびのびと通う4年生。「学部4年生×就活生」というのはいささか不思議に思われるかもしれないけど、そうワケありである。
現役就活生として、シューカツのあれこれを率直に書いていきたい。就活に励んでいる「同士」には、「あるある」と思わず膝を打つような、まだまだ就活なんて!という学生には、シューカツの一端を覗いてもらえるような。そんな内容にできればといいな、と思う。
テーマは「就活も楽しむ!」。いろいろな企業に赴き、さまざまなビジネスの話を聞くことができるのは、就活生だけの「特権だ!」と思っている。そんなふうに就活できたら、イヤな面接官も撃退できるかも。なんて考えている。
得意なのは、英語。今夏の東京五輪・パラリンピックでは、世界中から訪れる報道陣の手助けをするインターンシップにも登録。こちらも、ガンバル!
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中