2020年 8月 12日 (水)

PayPay銀行にPayPay証券が誕生 ヤフー、金融事業のブランドを統一

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ソフトバンクとヤフーの親会社のZホールディングス(ZHD)が、両グループ傘下の銀行や証券会社、カードなどの金融事業6社の社名とサービス名を、スマートフォン決済サービスの「PayPay」ブランドに統一。今秋以降、順次変更する。2020年7月31日に発表した。

   金融事業6社が提供する金融サービスと、スマホ決済の「PayPay」との連携を強化することで、金融事業を成長させていくとともに、わかりやすい名称に統一することでユーザーに親しみをもってサービスを利用してもらう狙いがある。

  • 銀行、証券、保険…… PayPayブランドに統一(写真はイメージ)
    銀行、証券、保険…… PayPayブランドに統一(写真はイメージ)
  • 銀行、証券、保険…… PayPayブランドに統一(写真はイメージ)

急成長する「PayPay」で認知度アップ、ブランド力を強化

   ヤフーが出資するPayPay株式会社の「PayPay」は、累計ユーザー数が3000万人(2020年6月時点)を突破するなど、多くのユーザーが利用するサービスへと急成長している。グループの金融事業6社が提供する他のサービスも「PayPay」ブランドに統一することで、消費者の認知向上とユーザーの拡大を目指す。

   2018年2月にヤフーが連結子会社化した、日本発のインターネット専業銀行のジャパンネット銀行は「PayPay銀行」に、ソフトバンクグループで、スマホで1000円から株式が買えるOne Tap BUYは「PayPay証券」に社名が変わる。それぞれ、株主総会の承認を経て必要に応じ金融庁の許認可などが得た後に変更するとしている。

   また、クレジットカードの「Yahoo! JAPANカード」は新たに「PayPayカード」をリリース、「ヤフー!保険」は「ペイペイ保険」にサービス名を変える。

   今後は「PayPay」が掲げる「スーパーアプリ化」構想の実現に向けて、「PayPay」アプリでの「ローン」や「保険」といった金融サービスの拡充を図る予定。また、今秋からPayPayカードのキャンペーンをはじめ、ブランド統一にあわせた各種キャンペーンを順次実施する予定としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中