2020年 8月 8日 (土)

【馬医金満のマネー通信】百貨店の生き残り、やっぱりECシフトしかないのか!?

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   みなさん、こんにちは。馬医金満です。

   今回は、百貨店業界の現状と今後の展望について、考えました。

   ここ数年の百貨店業界はアマゾンや楽天のようなECサイトの台頭で、市場がシュリンクしています。すでに、デフレ時代には「三越」と「伊勢丹」に代表される合従連衡が進んだこともあります。そんな状況から息を吹き返した、救世主がインバウンド需要です。

  • 百貨店はECへと舵を切った(写真は、伊勢丹本店)
    百貨店はECへと舵を切った(写真は、伊勢丹本店)
  • 百貨店はECへと舵を切った(写真は、伊勢丹本店)

コロナ禍でインバウンド需要が消滅!

   百貨店各社は共に、インバウンドに向けた販売戦略を打っているのが現状ですが、このコロナ禍で中国人をはじめとする外国人観光客(インバウンド需要)そのものが減少してきており、かなり苦しい戦いになっていると思います。

   数値で見ると、1991年に約9兆7000億円あった百貨店業界の売上高は、2019年には約5兆8000億円まで減っています。

   また大手百貨店の売り上げを見ると、三越伊勢丹ホールディングス(HD)は2019年度3月期決算(2019年4月~20年3月期)で最終損益が111億円と、2期ぶりの赤字に転落しました。

   また同社の杉江俊彦社長のインタビューでは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響による2か月弱の休業とインバウンド需要の減少によって、売り上げは前年に対して3割ぐらい減るだろうと予測していました。

   サプライチェーン全体で考えても、イタリアやフランス、東南アジアや中国の工場も、コロナ禍にある期間中は休業を余儀なくされており、本格稼働までには時間がかかる見込みとなっており、大変厳しい状況であることがわかります。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中