2020年 11月 26日 (木)

コツコツと「本気の積立」を侮るな! 売買のタイミングを計らなくてもいい投資方法がコレだ

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   主要国の代表的な株価指数は、2020年3月半ばを底値に大きく反発し、推移しています(7月29日現在)。一方で足もとでは、新型コロナウイルスの感染者数が世界的に増加傾向であり、第2波を懸念する声が高まっています。

「株価はいずれまた下がるのではないか」
「下がってから買ったほうがいいのではないか」

   そんな声を多く聞きます。

   たしかに、底値で買うことは理想なのですが、容易なことではありません。そこで、少し視点を変えて、売買のタイミングを計らなくてもいい投資手法を見てみましょう。

  • 積み立てならば売買のタイミングを計らなくてもいい!?
    積み立てならば売買のタイミングを計らなくてもいい!?
  • 積み立てならば売買のタイミングを計らなくてもいい!?

投資信託には「投信積立」がある!

日米欧の株価指数の推移(日興アセットマネジメントが作成)
日米欧の株価指数の推移(日興アセットマネジメントが作成)

   毎月コツコツと同じ金額ずつ、投資信託を買い増していく、「投信積立」があります。

   投資信託は口数で買付けるため、毎月同じ金額を積み立てると、基準価額が高いときには少ない口数を、安いときには多くの口数を取得することになります。

   安いときに多くの口数を「溜める」ことが、その後反発した時に大きな効果を発揮します。グラフを見ると、積立開始時と比べて基準価額はマイナス(1万円 → 9000円)なのに、時価評価額はプラス(3万円 → 3万250円)になっていることがわかります。

   もちろん、「下がって口数が増えたあとに上がっていること」がポイントなのですが、投信積立はある意味で、「下がってもうれしい仕組み」と言えるのです。

kaisha_20200803153842.jpg
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中