2020年 9月 23日 (水)

【コロナに勝つ! ニッポンの会社】AIが説明役の「完全無人モデルハウス、スイッチ不要の「タッチレス照明」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   次世代通信規格「5G」や人工知能(AI)の活用で進化が見込まれている「遠隔」や「非接触」の技術が、新型コロナウイルスの感染拡大で、その用途が急速に広がっている。

  • QRコードをスマホで読み取るとAIが説明してくれる
    QRコードをスマホで読み取るとAIが説明してくれる
  • QRコードをスマホで読み取るとAIが説明してくれる

開錠や施錠は遠隔操作

   大阪府高槻市の不動産会社、株式会社SAKURAは、「完全無人モデルハウス」を開発し、同市内で稼働を始めた。2020年8月5日の発表。担当者に代わって説明役を務めるのはAIだ。モデルハウスの開錠や施錠は遠隔操作で行われる。

   モデルハウス内では、設置してあるQRコードをスマートフォンで読み取るとAIによる説明がスタート。AIによる説明は、住まいについての詳細のほか、間取りについて融通がきくことや、資金計画などまで、住宅購入のアドバイスが用意されている。

   コロナ対策の一つとして導入。同社では、初対面の案内スタッフとの気まずい間や、意にそわない営業提案への不安がなくなるなど、「ストレスフリーな環境」もアピールしている。

   モデルハウスを見学するには、まず入口看板のQRコードからLINEの友達登録を行う。そして、誘導された開錠専用エントリーフォームに必要事項を入力すると、遠隔操作で開錠される。見学後、LINEトークで帰る旨を送信すれば、施錠される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中