2021年 3月 3日 (水)

【コロナに勝つ! ニッポンの会社】デリバリーサービスをシェアリング、居酒屋にフロアロボット登場

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

コロナ対策で路面占有特例のオープンカフェも

「土間土間」で実証実験中のフロアロボット「PEANUT」
「土間土間」で実証実験中のフロアロボット「PEANUT」

   飲食店で、デリバリーサービスと並んで導入が加速しているのは、非接触化のためのさまざまなロボットたちだ。居酒屋チェーンでもその動きが現れてきた。

   コロワイドグループの株式会社レインズインターナショナル(神奈川県横浜市)が運営する「居酒家 土間土間」では、東京都港区の赤坂店で2020年7月末から、配膳ロボットを使った実証実験を行っている。

   POS、オーダーエントリーシステムの企画・開発を手がける株式会社日本システムプロジェクトが8月6日に明らかにしたもので、実験を担っているのは、同社が総代理店になっているフロアロボット「PEANUT(ピーナッツ)」だ。

   PEANUTは、飲食店のマッピングデータと複数のセンサーで自律的に判断し、料理を自動でお客の席まで運び、音声で料理の到着を案内する。店内の状況に応じて走行速度を設定できる。

   実験は10月30日まで行われ、この間、お客とホールスタッフの直接的な接触機会が減少し、感染予防対策の有効手段になるのか、検証する。

◆ 路上を利用したカフェ、占用許可の基準緩和で可能に

コロナ対策の道路占用特例でオープンカフェが可能に
コロナ対策の道路占用特例でオープンカフェが可能に

   政府の緊急措置を利用して3密対策をアピールする動きもある。

   東京都立川市や国立市で不動産開発や飲食店経営を行う株式会社大野開発(東京都立川市)は、新型コロナ対策として実施された道路占用特例を利用して8月7日から11月30日まで、立川市の自転車・歩行者専用道路「サンサンロード」で、道路に面した系列の飲食店「akariバル」の営業を行う。8月5日の発表。

   道路の占用特例は、国土交通省が6月5日、。コロナ禍の影響を受ける飲食店などの支援を目的に、路上利用に伴う道路占用の緊急措置として許可基準を緩和した。

   サンサンロードは、今年4月にオープンした大型商業施設や、年間450万人が訪れる昭和記念公園への導線となる遊歩道。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中