2020年 9月 30日 (水)

【SDGsニュース】ファミマが「完全予約ウナギ」でフードロス8割減 加盟店利益も大幅増

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   コンビニエンスストア大手のファミリーマート(東京都港区)は、2020年の土用の丑(うし)の日までのウナギの関連商品について、完全予約制の販売によってフードロスによる廃棄金額が、フードロス対策の実施前(2018年)よりも約8割減少した。2020年8月24日の発表。

   また、その結果として加盟店の利益が約2.4倍に増えた。同社はフードロスの削減に向けて、2019年から季節商品(ウナギ、クリスマスケーキ、おせち、恵方巻など)の完全予約制に取り組んでいる。

  • 今夏の「土用の丑の日」 加盟店利益は約2.4倍増(東京都内の店舗、売場演出例)
    今夏の「土用の丑の日」 加盟店利益は約2.4倍増(東京都内の店舗、売場演出例)
  • 今夏の「土用の丑の日」 加盟店利益は約2.4倍増(東京都内の店舗、売場演出例)

ファミペイでWEB予約、早割りも実施

   ファミリーマートによると、予約期間は6月8日~7月27日。完全予約制の実施2年目となる今年は、店舗独自で考案した売場演出を行うなど、地域密着の取り組みを推進したことをはじめ、新たにスマホアプリの「ファミペイ」でWEB予約を開始したり、早期割引の実施や予約特典として特定保健用食品の緑茶をプレゼントしたりする、消費者がより気軽に予約できる取り組みを進めた。

   その結果、完全予約制の実施前(2018年実績)と比べて、店舗での廃棄金額は約80%減少。また加盟店利益が約2.4倍増、販売金額や本部利益は予約販売の実施前並みを確保した=下表参照

― 完全予約制実施前(2018年実績)との比較 ―
― 完全予約制実施前(2018年実績)との比較 ―

   前年(2019年)実績との比較では、販売金額が約10%増、廃棄金額は約15%減、加盟店利益が約40%増、本部利益が約5%増と、フォードロスに貢献と利益確保の「両立」を果たした。

   同社では今冬にかけて、おせち料理やクリスマスケーキなどの季節商品でも予約販売の実施を予定。消費者ニーズに合わせた製造数の適正化を図ることで、「食品廃棄ゼロ」を目指していくとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中