2020年 10月 1日 (木)

必読! 会社の人間関係に疲れた人 好きな色からわかる、あの人の性格と攻略法 ~前編~(入澤有希子)

ビルベリー由来アントシアニンがピント調節機能をサポート!

   会社での生活といえば、周りの人との人間関係がとても大事。自分も相手も気持ちよく仕事をしていくには、相手に合わせたコミュニケーション術を身につけたいものです。

   そこで、今回は「色」からわかる相手のタイプ別攻略術をお伝えします。

   とはいえ、なぜ色から人の心理がわかるのでしょうか――。知っていると、ちょっと差がつく知識かもしれません。

  • あの人の性格、色でわかるかも!
    あの人の性格、色でわかるかも!
  • あの人の性格、色でわかるかも!

色を科学すると「人」がわかる!?

   かのアイザック・ニュートンは、「色彩は光そのものである」という言葉を残しています。そもそも、色ってなんでしょう?

   色とは、光です。太陽の光はさまざまな色の光からなり、それぞれの異なる屈折率によって、虹の7色に分散します。赤、橙、黄、緑、青、藍、青紫です。

   では、光とは何でしょうか?

   光とは電磁波です。真夏に海辺の砂が熱くなるのは、太陽の光で目に見えない赤外線が温めているからです。赤外線は見えませんが、光は赤から肉眼で見えはじめ、紫を経て、再び目に見えない紫外線になります。

   電磁波には、赤外線、光、紫外線以外にも、さまざまな種類があります。電磁波は、一直線に進むのではなく、波を描きながら進みます。電磁波の種類を、波長の長さで分類することができます。

   波長の長い電磁波は、遠くまでよく届くテレビ波やラジオ波が代表的。光では赤が一番波長の長い色です。波長の短い色の代表は、青です。

   では、色はどこで見ているでしょうか?

   もちろん、目で見ていますが、皮膚でも色を見て(感じて)います。光の波長の違いを皮膚でも感じることができ、波長の長い光では、筋肉は緊張し、波長の短い光では筋肉は弛緩します。

   私たちのカラダは種々の元素からできています。元素はつねに振動しているため、光や色彩の波長(振動)に呼応し、影響を受けるのです。

   色で人の気持ちがわかるというのは、魔法ではなく、こうした根拠があります。人間は色を目だけでなく、カラダで、そして心でも受け止めているからなのです。

入澤有希子(いりさわ・あきこ)
入澤有希子(いりさわ・あきこ)
パーソナルスタイリスト
美容専門学校・高等学校色彩学講師
ミスユニバースビューティーキャンプ講師、テレビの変身企画スタイリストなどを経験。フリーランスでパーソナルスタイリストをしつつ、最近はベンチャー企業でセカンドOLデビューを果たした。働くママの大変さを実感し、働くママ100人へのインタビュー活動「we MAMA」を立ち上げる。さまざまな働き方があることを伝える活動も実施中。法政大卒。37歳。
ブログ https://ameblo.jp/akiwasa/
ホームページ https://daily-ands.jp/authors/573a7efc73f3212f79f6339b
we MAMA https://note.com/we_mama
著書に「子育てのために仕事を諦めなくてもいい方法」(Kindle版)がある。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中