2020年 9月 21日 (月)

リモートワークでコミュニケーションが減った!? 雑談の時間を作るのもマネジメントの仕事です【ひろ子ママの教訓 その19】

あのやずやの『にんにくしじみ』が半額に!?

   きょうは40代管理職のKさんです。ここ数か月、ずうっとリモートワークが続いているみたいですね。どのように過ごされていますか?

「4月からリモートワークを続けています。月に何度か会議などで会社に行くことはありますが、チーム全員で顔を合わせることはないですね。コロナ前に比べるとみんなとのコミュニケーションが減ったため、どうしても信頼関係が築けていない気がするんですよね。この先もリモートワークも続きそうなので、どうやってコミュニケーションを増やしていこうか考えているところです」
  • リモートワークでコミュニケーションが減った!?
    リモートワークでコミュニケーションが減った!?
  • リモートワークでコミュニケーションが減った!?

アイデアは雑談から生まれる

   会社に行っていた時間を思い出してみてください。どんな時間の使い方をしていましたか......。

   会社での時間の使い方は、主に次の3つに分かれると思います。

・自分の仕事に向き合う時間
・会議などで人と顔を合わせる時間
・雑談をする時間

   人とのコミュニケーションの時間としては、「会議などで人と顔を合わせる時間」と「雑談をする時間」ですね。リモートワークの中では「雑談をする時間」が圧倒的に減っていると思います。

   会社から駅まで歩く時間、休憩所で話す時間、ランチを共にする時間など、会社内で偶然ばったり会って雑談の時間が生まれることもあります。雑談の時間がもたらす効果を考えてみましょう。

◆ アイデアは雑談から生まれる
「アイデアは会話から生まれる」って、聞いたことがありませんか? カチッとした会議ではなく、偶然始まった会話から、アイデアが生まれたり、ヒントを得られたりすること、ありますよね。一人の頭の中で考えるより、人との会話の中で頭の中が整理されていきアイデアとなることがあります。

   もちろん、どんな雑談からでもアイデアが生まれるわけではありません。例えば、誰かの噂話のようなことは直接アイデアに繋がることは少ないでしょう。普段から常にアンテナを立て、自分の中にアイデアを持っていることが前提です。雑談の中で頭の中のアイデアがまとまり、さらに人と言葉で共有することで具体的になっていきます。

   それに雑談をしていると、いざとなった時に相談がしやすくなります。ビジネスで「報・連・相」は大事なのはわかっていても、普段あまりコミュニケーションを取ってない人に、いきなり相談するのはハードルが高いと感じる人も多いのではないでしょうか。相談のハードルを下げておくには、雑談は有効といえそうです。

   このように、雑談は信頼関係の構築にも役立ちますが、ではこれをどうやってリモートワークに活用していくか、そこが問題です。

ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
仮想スナック「ひろこ」を経営
古代マヤ暦シンクロ協会認定講師、ライター
起業したい人・副業したい人が集まる50~60代限定の仮想スナックのママ。
ブログ:https://snackhiroko.hatenablog.com/
不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。
鳥取県生まれ、東京在住。多拠点生活に向けて活動中。
Woman excite:https://woman.excite.co.jp/article/author/w_pinoco/
DAILY ANDS:https://daily-ands.jp/authors/573a7efc73f3212f79f6339b
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中