2021年 9月 21日 (火)

【コロナに勝つ!ニッポンの会社】飲食店の新「勝利の方程式」 AIロボットの導入、目指すは着席から会計まで非接触!

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

横浜中華街の飲茶専門店でも「AI配膳ロボット」

「招福門」が導入を目指している「T5」
「招福門」が導入を目指している「T5」

   横浜中華街にある香港飲茶専門店「招福門」を運営する招福門株式会社(横浜市)は、「招福門」の飲茶食べ放題フロアで、AIを活用した非接触型自動配膳ロボットの実証実験を開始。9月7日の発表。

   「招福門」が導入を目指しているのは、上海に本社があるキーン・オン・ロボット社の「T5」。マルチセンサーを備え、自己位置の推定と環境技術の作成を同時にできるSLAM技術によって、障害物の回避やエレベーターの乗降しながら自律走行を行う。テーブルに到着すると音声で知らせる

   「招福門」では5年前からタッチパネルを使ったオーダー方法を採用。ロボットの導入が本格化すれば、着席から会計まで非接触での利用が可能になるという。自動配膳ロボットが本格稼働すれば、横浜中華街では初めてのケースになるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中