2020年 9月 21日 (月)

【SDGsニュース】「SDG s×Lions トレイン」が走る! 西武ライオンズ、16日は「Lions GREEN UP! DAY」

「やずや開発『にんにくしじみ』が凄い」え、初回1日約32円!

   埼玉西武ライオンズと西武鉄道、西武バスなどを運営する西武ホールディングス(HD)は、持続可能な社会(SDGs=持続可能な開発目標)の実現に向けた取り組み「サステナビリティアクション」の一環として、2020年9月15日から「SDG s×Lions GREEN UP! プロジェクト トレイン」を運行する。

   8500系の4両編成で、埼玉西武ライオンズの本拠地メットライフドームのある西武遊園地駅から西武球場前駅までの山口線(レオライナー)で走らせる。

   SDGsに向けた取り組みを対外的に発信すること、より多くの人にSDGsを知ってもらうことが目的。レオライナーには、SDGsのロゴと西武ライオンズが取り組む環境支援 活動「Lions GREEN UP! プロジェクト」のロゴを掲出した。

  • 9月16日は「SAVE THE EARTH Lions GREEN UP!  DAY」(写真は、埼玉西武ライオンズの本拠地メットライフドーム)
    9月16日は「SAVE THE EARTH Lions GREEN UP! DAY」(写真は、埼玉西武ライオンズの本拠地メットライフドーム)
  • 9月16日は「SAVE THE EARTH Lions GREEN UP!  DAY」(写真は、埼玉西武ライオンズの本拠地メットライフドーム)

16日のロッテ戦は選手が「緑キャップ」でプレー

   西武グループは、9月15日から運行する「SDGs × Lions GREEN UP! プロジェクト トレイン」のほか、「SAVE THE EARTH Lions GREEN UP! プロジェクト」として、埼玉西武ライオンズ が今シーズンから、野球を通じて社会問題を解決して、持続可能な社会の実現のため、さまざまな環境支援活動に力を注いでいる。

   メットライフドームの飲食店などではプラスチック製品の削減や環境にやさしいレジ袋への切り替えを実施。飲食店や観客から、食品廃棄物を回収してバイオエナジー(電気と都市ガス)にリサイクルにも取り組んでいる。

   9月16日の千葉ロッテマリーンズ戦では、「SAVE THE EARTH Lions GREEN UP! DAY」を開催。埼玉西武ライオンズが取り組んでいる環境支援活動の紹介する展示ブースの設置や募金の呼びかけ、間伐材を使った木製うちわなどのチャリティーグッズを販売する。

   さらに試合では、辻発彦監督をはじめ、コーチ、選手が、この日限定でグリーンカラーのオリジナルキャップを着用するほか、球場の大型ビジョンを緑色に装飾するなど、視覚的にもLions GREEN UP! DAYを演出する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中