2020年 9月 18日 (金)

ジョンソン英首相の横行闊歩! 土壇場で大混乱のブレグジット交渉、その時ポンドは?(志摩力男)

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   英国とEU(欧州連合)は2020年9月8日から10日までの予定で、自由貿易協定(FTA)締結交渉の第8回全体会合を始めました。

   しかし、双方の溝は依然として深く、とても合意に至りそうに見えません。

  • 混沌としてきた英国のEU離脱(写真は、英国・ロンドン)
    混沌としてきた英国のEU離脱(写真は、英国・ロンドン)
  • 混沌としてきた英国のEU離脱(写真は、英国・ロンドン)

ジョンソン英首相が「離脱協定案に不備」といちゃもん

   ジョンソン英首相は会合が始まる前の7日に、EUとの合意期限を10月15日と一方的に設定、仮に交渉が決裂しても離脱によりEUから真の独立を得ることができるため「英国にとって良い結果だ」と主張しています。

   しかも昨年(2019年)、なんとか合意に至った「離脱協定案」に重大な不備があるとして、主要合意部分を反故にする「国内市場法案」の議会提出を検討していることまで判明。関係は一段と険悪化しています。

   ジョンソン首相は何を考えているのでしょう?

   もし仮に英国とEUとの間にFTAがまとまらなかった場合、英国が被る経済的被害はあまりにも甚大です。それでも、EU側もそれなりに経済的悪影響を被るため、それを避けたいがために、最後に折れてくるだろうと圧力をかけ続けているようです。

   ハプニング的にハードブレグジットとなった場合、ジョンソン首相はどう責任を取るつもりでしょう。

   国境にトラックの長い列ができ、税関を通るのに何日もかかる、コロナ禍で必要な薬が欲しくても手に入らない。こういう状況になる可能性はあります。如何にジョンソン首相の人気が高くても、政治的に厳しい立場に追い込まれるでしょう。

   英国に在住している人達から見ると、ジョンソン首相は本当に、心の底からハードブレグジットが正しいと信じているように見えます。EUからの強行離脱が避けられないのであれば、自衛手段を取るしかありません。欧州からさまざまな商品が入ってこなくなる可能性も考慮し、十分な量のストック備蓄を目指して、買い込んでいる主婦の方々もいらっしゃいます。

志摩力男(しま・りきお)
トレーダー
慶応大学経済学部卒。ゴールドマン・サックス、ドイツ証券など大手金融機関でプロップトレーダー、その後香港でマクロヘッジファンドマネジャー。独立後も、世界各地の有力トレーダーと交流し、現役トレーダーとして活躍中。
最近はトレーディング以外にも、メルマガやセミナー、講演会などで個人投資家をサポートする活動を開始。週刊東洋経済やマネーポストなど、ビジネス・マネー関連メディアにも寄稿する。
公式サイトはこちら
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中