2020年 9月 20日 (日)

アマゾン流イノベーションとは何か!? テクノロジー使わず狙う一石二鳥

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   オンライン書店としてEC(電子商取引)をはじめ、世界のオンラインビジネスのけん引車となった「アマゾン」。インターネットの進化とともに取り扱う品目を増やして最大級の小売事業者となり、日本でもアマゾン・ジャパンは消費生活に欠かせない存在になっている。

   本書「アマゾンで私が学んだ新しいビジネスの作り方」は、日本上陸間もないころから十数年間、アマゾンに勤務して多くの新規事業を担当した著者が、内側からの観察で成長の軌跡を振り返った一冊。著者によると、アマゾンの飛躍を支えているのは「イノベーション」を欠かさないこと。しかし、それは「問題解決」力にあると明かす。

「アマゾンで私が学んだ新しいビジネスの作り方」(太田理加著)宝島社
  • 飛躍を支えたのは「イノベーション」
    飛躍を支えたのは「イノベーション」
  • 飛躍を支えたのは「イノベーション」

アマゾンで数々の新規ビジネスを担当

   著者の太田理加さんは大学を卒業してから国際物流会社などでマーケティングを担当。その後、英国に留学。帰国後の2002年にアマゾン・ジャパンに入社した。当時、アマゾンが日本語サイトの「書店」をオープンして2年目。「Amazon.co.jp」の知名度は、もちろん今ほどではなく、書籍以外の取り扱いもあったが、その名を知る人でも、「アマゾン=オンライン書店」という認識だった。

   だが、社内ではすでに「総合ストア」への発展を目指し、新規ビジネスを立ち上げようとする動きが盛んになっていた。著者も入社2年目から関わるようになり、2015年に独立して自ら起業するまでに「スポーツ」「ヘルス&ビューティー」「シューズ&バッグ」などのカテゴリーを立ち上げ「アパレルストア」の事業責任者を務めた。

   数々の新規ビジネスを立ち上げ、成功させてきた経験から著者は、新規ビジネスを理解するカギは「イノベーション」と指摘。その言葉のイメージは「技術革新」だが、何も新しい技術を駆使して行うことだけが新規ビジネスなのではなく、新しい技術を含む利用できるものを動員して行う「問題解決」がその核心。しかも、理想的には「一石二鳥の問題解決」だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中