2020年 9月 20日 (日)

【日韓経済戦争】菅義偉次期首相、韓国紙が酷評するワケ 「韓国の英雄を犯罪者扱い!」「安倍ほどの理念もないマキャベリスト!」(2)

カンタン約1分!あなたの健康に関するアンケートのお願い

   菅義偉官房長官(71)が2020年9月14日、自民党の両院議員総会で総裁に選ばれて、事実上、次期総理大臣に決まった。

   菅官房長官が安倍晋三首相の政策を引き継ぐと公言してきたことから、韓国メディアでは、安倍首相のアバター(分身キャラクター)として「アベター政権」とか「アベス(アベ+スガ)内閣」などと酷評してきたが、正式に次期首相に内定したことで、やや冷静に人物像や対韓国政策を分析する記事が登場している。

   韓国紙では、どう報道しているのだろうか――。

  • じつは韓国紙が称賛する安倍晋三首相の「民主主義」
    じつは韓国紙が称賛する安倍晋三首相の「民主主義」
  • じつは韓国紙が称賛する安倍晋三首相の「民主主義」

菅氏は文政権になるまで「韓国愛」にあふれていた!

   そして、それら各国の大使に韓国への熱い思いをこう語ってきたという。

「ある国の駐日大使は『菅氏は済州島(チェジュド)で休暇を過ごし、参鶏湯(サムゲタン)を食べた話をするなど、韓国に多くの関心を見せた』と回想した。韓国に対する菅氏の感情が急速に悪化したのは、文政権が慰安婦合意を白紙にしてからだ。首相官邸を長く担当した日本の記者は『菅氏がオフレコを含め、韓国に対して言及した記憶はない』と語った。もう韓国は『アウトオブ眼中』という話だ」
「冷たい男」と何度も韓国紙に報じられた菅義偉官房長官(2019年11月5日付中央日報)
「冷たい男」と何度も韓国紙に報じられた菅義偉官房長官(2019年11月5日付中央日報)

   東亜日報(9月2日付)「首相に菅氏確実の情勢、安倍政策を継承か」も、菅政権では日韓関係修復の可能性はほとんどないという立場だ。

「政策の面で安倍氏が『攻撃型』なら、菅氏は『守備型』だ。安倍氏が歴史問題、靖国神社参拝などで疾走し、周辺国と軋轢を起こした時、菅氏はブレーキをかけた。安倍氏が国会で『閣僚の靖国参拝がなぜ問題なのか』と感情的に答えると、菅氏が注意した。ただし韓国政策に対しては原則主義者だ。日本政府高官は、『菅氏は韓国に対して非常に強硬だ。韓国政策を報告すると、慰安婦合意の時に見たではないか』と否定的だと話した。元徴用工問題でも『韓国と協議したい』という茂木敏充外相と温度差を見せた」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中