2020年 10月 25日 (日)

逃げる慶大! アルトコイン上昇でプラス積み上げ 明大、職業大は様子見(1)【カソツー大学対抗戦 第21週】

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   今週(2020年9月7日週)はアルトコインが上昇。イーサリアム(ETH)は4万1000円台まで、またリップル(XRP)は27円台まで高騰した。半面、ビットコイン(BTC)は蚊帳の外。大きな変動はなく、110万円台で推移した。

   こうした展開から、前週に取引したリップルをすべて売却した慶応義塾大学の馬医金満が、ガッチリ! 1万5000円台が見えてきた。自身も、「かなり調子がいい感じ」という。

   一方、明治大学のITは慎重だ。ビットコイン相場とにらめっこ。「ボラティリティはかなり小さくなっている」とみている。旅行から帰った専修大学のゆうも、ビットコインの「買い」のタイミングを探る。前週に「痛い目」に遭った、ビットコインを保有する職業能力開発総合大学校のさっちんは、「max140万円近くまで行く」とさらなる上昇を期待して、様子見を決め込む。

   明治大学のITと専修大学の悠ゆう、職業大のさっちんの、ビットコイン相場の読み合いに注目だ。

  • 逃げる慶應大!
    逃げる慶應大!
  • 逃げる慶應大!

ビットコインはレンジ相場に突入か!?(明治大学)

   7月末から9月1日まで続いていたレンジ相場が、9月2日に終わりを告げて以降、ビットコインは低い水準のレンジ相場が続いています。そのレンジ相場と比べて、現在は同じレンジ相場でありながら、ボラティリティはかなり小さくなっています。

   日足でチャートをみると、現在の価格は平行チャネル(2本のトレンドラインを平行に引いて値動きの幅を予測。エントリーや利益確定、損切りの目安にする)のちょうどネックラインのところに位置しています。もしこの平行チャネルにそった値動きが今後なされるのであれば、価格がこれ以上落ちることはないでしょう。

   しかし、だからといって上抜けるとも限りません。おそらく現在最も意識されている価格は1万500ドルのラインかと思われます。この1万500ドルのラインは長期的な目線で見ても強く意識されており、図の左に見える丸が2019年10月26日、真ん中の丸が今年2月12日、右の丸が今年6月2日を指しており、いずれも1万500ドルまで到達したところで下に反発しています。

   このラインを一たん下回ってしまうと、再び超えることが少し難しくなってくるので、ロング勢は苦しいところでしょう。

   とはいえ、ロング(買いポジション)勢にも良いニュースはあります。短期の移動平均線と4時間足のチャートを見てみると、ローソク足が短期移動平均線を上抜けています。前週の記事で「短期の移動平均線にタッチした時、一気に下に抜ける可能性がある」といった旨の話をしましたが、この予想は裏切られ、短期移動平均線を上抜けました。

   これは、上昇の勢いが短期移動平均線よりも強かったことを表しています。さらに、前述した、1万500ドルの壁を超えることができた場合、次に強く意識されるラインは、直近の相場で発生したトリプルトップのネックラインである1万1200ドルとされています。すなわち、1万500ドルの壁を超えると、一気に700ドル分の上昇が見込める可能性があるということです。

   したがって、直近1週間のビットコインチャートを見ていると、ボラティリティも低く、このままレンジ相場になるようにも見えますが、多くの投資家の考察も踏まえると、上昇に転じる可能性が現在は優勢であるといえそうです。

◆ 児山将のワンポイントアドバイス
米国株の急落と寿司スワップ(SUSHI)の急落による分散型金融のブームが冷え込みとともに、イーサリアムを始めとした主要アルトコインも停滞しています。ただ、ビットコインは急騰前の1BTC=105万円で反発し、調整を行うかたちとなっています。また、売買代金も3兆円を越える日が多くなっており、市況は活況。110万円以下のレベルでは、買い需要が高いようです。120万円前後での買いポジションが多く残っていることから、そのレベルでは一度止まりそうですが、目先は底値固めをしながらチャネル内でゆっくりと上昇しそうに思えます。

前週からの損益 プラス・マイナスゼロ
9月13日現在       1万1903円

プロフィール
明治大学 IT
法学部2年、群馬県出身。多少のFX経験はありますが、仮想通貨は未経験です。
好きなミュージシャンはThe 1975とColdplay。好きな作家は村上春樹とさくらももこ。未熟な部分も多いですが、温かい目で見守っていただければと思います。よろしくお願い致します!
慶應義塾大学 馬医金満
環境情報学部3年。2年連続の参戦で、2連覇を目指す。周りの友達の多くが情報系、バイオ系の研究をしているなか、元日銀審議委員の教授の下、金融政策を学んでいるマイノリティ。4つのアルバイトを掛け持ちして、年に10日もフリーな日がない。仮想通貨の取引歴は約2年で、まだまだ初心者。現在、ブロックチェーン技術そのものの仕組みと、時事ニュースに興味津々。
仮想通貨で現金100倍! が目標。
専修大学 ゆう
経済学部3年。投資研究会TAMAGO所属。仮想通貨取引で失敗を経験している。趣味は散歩。ほかの大学の方々を参考にしたり話したりしたいと考えている。
群馬県出身。
中央大学 カンタロ
親が株式投資を少しかじっている程度で、私自身は初心者です。もちろん、仮想通貨も未経験なので、少しずつ運用に慣れ親しんでいきたいと思います。
趣味は漫才とチェス。
職業能力開発総合大学校 さっちん
電気専攻3年。飛び入り参加をすることになりました。残り時間は少ないですが、奮戦していきたいと思います!
友人とはよくボードゲームなどをしています。仮想通貨取引は初心者ですので、お手柔らかにお願いします!
将来は、田舎に篭って釣りでもして静かに生きていきたいです。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中