2022年 7月 4日 (月)

「コロナの夏」に考えた インターンシップは気にするな?「参加することに意義がある」程度のことだ(鈴木修二)

イルカ・クジラが描く虹をモチーフにした"G-SHOCK"&"BABY-G"

焦りは禁物、夏~秋は前哨戦だ

   ただ、それがゆえにサマーインターンシップに落ちたとしても、不安がる必要はまったくない。むしろ、就活生一人ひとりにとってのサマーインターンシップの役割は(1)優遇獲得(2)エントリーシート(ES)&面接経験の蓄積―― に集約されると考えるが、(1)の優遇獲得はあくまでも付随的なものに過ぎず、(2)が今後のきたる本選考においては最重要である。

   加えて(1)の優遇を獲得したいわゆる優秀層は総取りした内々定のほとんどを本選考前には志望度の高い少数のみを残し辞退をしていくはずだ。

   なので、ほとんどの学生にとって現時点でやるべきは超大手企業だけでなく、ありとあらゆる企業のインターンシップ前哨戦選考経験を積むことだ。そして来年6月に最高の状態で志望企業選考に臨めるようにしたい。

   夏から秋はまだまだ前哨戦だ。目先の結果に一喜一憂せず、最後の果実をつかみとるべく行動していこう。(鈴木修二)

鈴木 修二(すずき・しゅうじ)
鈴木 修二(すずき・しゅうじ)
現在、東京都内の難関私立大に通っている3年生。現役就活生として、今まさに就職活動中の立場だからこそわかる、最近の就活の実態をつまびらかにしていきたい。
自分と同じ、来春(2021年)卒の学生には共感の場を、これから就活を控える2022、23年卒の学生には、就職活動にはびこる企業の体裁と内情の乖離を、正確に把握するための機会になれば、と思う。
そして、意中の企業に就職して、すでにキャリアを積んでいるであろうビジネスパーソンさんには、さまざまな企業の採用戦略をエンターテインメントとして読んでいただければ、うれしい。
kaisha_20200313181339.png
叶多 凛(かなた・りん)
現在、東京都心から少し離れた自然あふれる私立大学に、のびのびと通う4年生。「学部4年生×就活生」というのはいささか不思議に思われるかもしれないけど、そうワケありである。
現役就活生として、シューカツのあれこれを率直に書いていきたい。就活に励んでいる「同士」には、「あるある」と思わず膝を打つような、まだまだ就活なんて!という学生には、シューカツの一端を覗いてもらえるような。そんな内容にできればといいな、と思う。
テーマは「就活も楽しむ!」。いろいろな企業に赴き、さまざまなビジネスの話を聞くことができるのは、就活生だけの「特権だ!」と思っている。そんなふうに就活できたら、イヤな面接官も撃退できるかも。なんて考えている。
得意なのは、英語。今夏の東京五輪・パラリンピックでは、世界中から訪れる報道陣の手助けをするインターンシップにも登録。こちらも、ガンバル!
コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中