2021年 8月 4日 (水)

あなたにとって「就活」とは? わたしは「自分がハッピーになる会社」であることは譲れない!(叶多凛)

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

就活の目的は「オンリーワン」の会社に出会うこと

   そんな気持ちではじめた就活だったからこそ、わたしはまったく気負わない「就活生」になっていた。

   会社に「選ばれる」ために、優秀でいい子な就活生になろうと背伸びするようなことは絶対にしない、と心に決めていた。ヘンに取り繕わず、わたしがわたしのままで生きる場所を探すのが就活である、というスタンスは就活を終えた今でも変わらない。

   だからこそ、わたしは生意気で可愛げのない就活生であることに徹した。別に意識的にそういう就活生になるつもりはなかったのだけれど、会社側から見たら結果的にそう見えていたのではないかなと思う。でも、何を隠そう、それこそが等身大のわたしである。

   自分のやりたいことや譲れないことはきちんと主張するし、態度や服装でも自分の思いを表現する。それでお断りされたとしたって、それはただ単に自分に合っていない会社だったというだけなので、あまりへこたれなかった。やりきるだけやりきっているので、クヨクヨする時間も短くなるのだ。精神衛生的にも吉。

   たとえ、一生懸命に自分を取り繕って会社に選ばれたって、結局つらくなるのは自分である。だったら、初めから自分をさらけ出して、それを受け止めてくれる会社を選ぶのがハッピーなんじゃないかな、とわたしは思うのである。

   就活の目的は、たくさんの内定を手にしたり、有名な大企業から選ばれたりすることではなくて、自分にぴったりなオンリーワンの会社に出会うことにあると思う。もちろん、考え方は人それぞれだし、わたしの「シュウカツ観」に共感してくれる人も、そうではない人もいると思う。

   けれど、雨が降ろうがコロナが来ようが変わらなかった、わたしの「シュウカツ観」のように、しっかりと自分の大切にしたいものを貫き続けることは、納得感のある就活にするための正攻法なのではないかと思う。(叶多凛)

鈴木 修二(すずき・しゅうじ)
鈴木 修二(すずき・しゅうじ)
現在、東京都内の難関私立大に通っている3年生。現役就活生として、今まさに就職活動中の立場だからこそわかる、最近の就活の実態をつまびらかにしていきたい。
自分と同じ、来春(2021年)卒の学生には共感の場を、これから就活を控える2022、23年卒の学生には、就職活動にはびこる企業の体裁と内情の乖離を、正確に把握するための機会になれば、と思う。
そして、意中の企業に就職して、すでにキャリアを積んでいるであろうビジネスパーソンさんには、さまざまな企業の採用戦略をエンターテインメントとして読んでいただければ、うれしい。
kaisha_20200313181339.png
叶多 凛(かなた・りん)
現在、東京都心から少し離れた自然あふれる私立大学に、のびのびと通う4年生。「学部4年生×就活生」というのはいささか不思議に思われるかもしれないけど、そうワケありである。
現役就活生として、シューカツのあれこれを率直に書いていきたい。就活に励んでいる「同士」には、「あるある」と思わず膝を打つような、まだまだ就活なんて!という学生には、シューカツの一端を覗いてもらえるような。そんな内容にできればといいな、と思う。
テーマは「就活も楽しむ!」。いろいろな企業に赴き、さまざまなビジネスの話を聞くことができるのは、就活生だけの「特権だ!」と思っている。そんなふうに就活できたら、イヤな面接官も撃退できるかも。なんて考えている。
得意なのは、英語。今夏の東京五輪・パラリンピックでは、世界中から訪れる報道陣の手助けをするインターンシップにも登録。こちらも、ガンバル!
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中