2020年 10月 22日 (木)

2000万円じゃ足りない! 老後までに貯めておきたい金額、とうとう3000万円超 コロナ禍でさらに不安に......

エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!
「年金だけでは老後を乗り越えられない」
「老後に向けて2000万円は貯めないと暮らしていけない」

   そんな不安が広がった「老後資金2000万円問題」。2019年、その発端は金融庁の金融審議会市場ワーキング・グループがまとめた報告書だった。

   ところが、日本生命保険のセカンドライフについてのインターネットアンケート(2020年9月16日発表)によると、老後資金は2000万円でも「足りない」時代になったらしい。

   セカンドライフをスタート(60歳)するまでに貯めておきたい金額の平均は3033万円となり、2019年と比べて145万円増加。とうとう3000万円台に乗った。

  • 60歳過ぎても生活のためには頑張るしかない……
    60歳過ぎても生活のためには頑張るしかない……
  • 60歳過ぎても生活のためには頑張るしかない……

月々30~40万円が必要

   調査によると、「セカンドライフの予算」について、単身(回答者数2059人)の場合は、ゆとりあるセカンドライフに必要な生活費の平均(全世代:20代~70代超)は1か月あたり約24万6000円となり、現在の生活費(平均16万2000円)と比べて8万4000円の増額となった。

   夫婦(同4295人)の場合は、ゆとりあるセカンドライフに必要な生活費の平均が約28万8000円となり、現在の生活費と比較して4万8000円の増額となった。

   ニッセイ基礎研究所生活研究部の主任研究員、井上智紀氏は、

「ゆとりあるセカンドライフに必要な生活費は、単身では60代を除くすべての年代で『20万円未満』が最も多く、夫婦の場合では40~50代、70代で『25万~30万円未満』、60代で『30万~35万円未満』が最多となりました。単身、夫婦ともに年代を問わず、平均金額が現在の生活費よりも多くなっていることは、現在の生活に経済的なゆとりが乏しいことがわかります。その一方で、趣味や娯楽への支出を増やすなどの、セカンドライフへの期待の大きさが表われているのではないでしょうか」

とみている。

   「セカンドライフをスタートするまでに、貯めておきたい金額はいくらですか」の問いに、全世代(回答者数4784人)の平均は3033万円となり、前年(2888万円)と比べて145万円も増加した。

   貯めておきたい金額で、最も多かった答えは「1000万~3000万円未満」の50.5%だった。また、全世代の65.2%の人が目標金額の5割を達成できていなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中