2020年 10月 29日 (木)

【日韓経済戦争】ユニクロがまだ不買運動に苦しんでいる! アプリの利用者が半減、22店舗失い新規店舗は1つのみ

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   韓国では日本製品の不買運動が、まだ収まらないようだ。ユニクロの客足が日韓対立の始まる前の半分程度にとどまっていることがわかった。韓国の聯合ニュースが、2020年9月28日付で報じた。

   ユニクロアプリを分析したところ、利用者数が落ち込んだままだった。いったい、ユニクロに何が起こっているのか。韓国紙で読み解くと――。

  • ユニクロを運営するファーストリテイリングの柳井正会長(2012年撮影)
    ユニクロを運営するファーストリテイリングの柳井正会長(2012年撮影)
  • ユニクロを運営するファーストリテイリングの柳井正会長(2012年撮影)

ヒートテック10万着無料提供で元に戻ったが...

   聯合ニュース(2020年9月28日付)の「ユニクロアプリの利用者が昨年半減 不買運動の影響続く」が、こう伝える。

「韓国で日本製品の不買運動が始まってからカジュアル衣料品店『ユニクロ』のアプリの利用者数がほぼ半減したことが9月28日、わかった。アプリ分析を手掛ける韓国のIGAワークスのデータ分析によると、ユニクロのアプリの月間利用者数は昨年(2019年)1月に70万9000人を超えたが、同7月の対韓輸出規制強化後、翌8月~9月は30万人未満に急減した。11月に韓国進出15周年を記念し感謝セールを実施した際は68万8000人余りと回復するかのようにみえたが、今年に入り再び40万人前後に落ち込んだ」

   ユニクロアプリ(UNIQLOアプリ)は無料で利用できる公式アプリで、クーポンやチラシ閲覧など多くの特典があるため、客のほとんどが利用する。だからダウンロード数から利用客の変化が推定できるのだ。

   2019年11月の感謝セールの時は、10万人にヒートテックの無料セールを行うなど、大出血サービスをしたため、客足が不買運動前のレベルに戻った。しかし、また半減してしまったというのだ。聯合ニュースが続ける。

「今年8月は39万人にとどまった。IGAワークスは『不買運動の影響が続いている。15周年記念セールなど攻撃的なプロモーションにもかかわらず回復の勢いを失ってしまった』と分析した」

   ユニクロの勢いは、もう元に戻らないのだろうか。聯合ニュース(7月31日付)「韓国ユニクロ、ソウルや釜山など9店閉店へ」によると、ユニクロは昨年8月に187店だった店舗数が今後さらに22か店を閉店する計画で、165店舗にまで減少するという。そんななか、地域の住民や商店街の反対運動が1年以上続いていた新規店舗を南部の主要都市・釜山(プサン)にオープンすることができた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中