2020年 10月 30日 (金)

【活躍する女性】新しい「自分」をプロデュース 子供との日常が生んだ「虫のつぶやき」 荻野目洋子が語る仕事と家庭・子育て

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   荻野目洋子さんといえば、「ダンシング・ヒーロー(Eat You Up)」。歌って踊る、キラキラしたアイドルとして多くのファンを沸かせた。2017年、そんな大ヒット曲がリバイバルヒット。その3年後の夏。ウクレレの音色の、ゆる~く心地いい楽曲がNHKみんなのうたから流れてきた。「虫のつぶやき」。荻野目さんが自ら作詞、作曲を手がけ、歌っている。

   新境地を拓いた、新しい荻野目洋子さんに新曲「虫のつぶやき」ができた背景や、日ごろの生活ぶりを聞いた。

  • NHKみんなのうた「虫のつぶやき」は「娘たちも気に入ってくれた」と話す荻野目洋子さん(東京・渋谷のビクターエンタテインメントで)
    NHKみんなのうた「虫のつぶやき」は「娘たちも気に入ってくれた」と話す荻野目洋子さん(東京・渋谷のビクターエンタテインメントで)
  • NHKみんなのうた「虫のつぶやき」は「娘たちも気に入ってくれた」と話す荻野目洋子さん(東京・渋谷のビクターエンタテインメントで)

「ダンシング・ヒーロー」の再ブーム、娘の受験と重なり超多忙に

―― デビューして2020年で36年になります。アイドル時代の多忙な時期を経て、ご結婚、出産・子育てを経験され、現在、家庭ではどのように過ごしていますか。

荻野目洋子さん「2001年に結婚し、2002~06年のあいだに3人の子どもを出産しました。長女を産んでから三女が産まれるまでの4年間は、完全に専業主婦で子育てに専念していたんです。その後は、子育て雑誌の取材を受けたり、80年代ブームの再来もあったりと、歌やイベントのお仕事があっても、子育てに支障のない範囲で引き受けてきました。本格的な復帰は、25周年ライブを開催した2009年ごろで、それからは定期的にライブなども開催してきました。
アイドル時代は歌やお芝居など忙しく過ごす日々でした。結婚してからは、『ダンシング・ヒーロー』の再ブームが起きた2017から18年が、家庭と仕事の両立がいちばん忙しかったですね。17年に長女の受験、18年は次女と三女の受験が重なり、なんとか時間をやりくりして切り抜けました。今年、長女が18歳になり、次女と三女もほとんど手がかからなくなりました。朝、子どもたちのお弁当を作って学校に送り出した後は、海外の仕事が多い夫が日本にいる時は、午前中一緒に過ごしてから仕事に出かけるなど、バランス良く日々過ごせています」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中