2020年 10月 25日 (日)

「GO TO」を支える新たな対策 温泉で「3密」を「色」で判定するCO2濃度測定システム、【コロナに勝つ!ニッポンの会社】

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

   「GO TO トラベル」キャンペーンに加えて「Go To イート」も始まり、政府の支援策がそろい踏みとなった。新しい生活様式を支えるための、新型コロナを抑えるサービスやツールも多様化が進んでいる。

   大正年間に創業した「蓼科親湯温泉」(茅野市)など長野県内3か所で温泉旅館を経営する合資会社 親湯温泉(長野県茅野市)は、大浴場利用時の密状態を避けるため、3施設のすべてで二酸化炭素(CO2)濃度を測定する新しい3密確認システムを導入した。2020年10月6日の発表。

  • 温泉でも「3密」を避けて、のんびりと……
    温泉でも「3密」を避けて、のんびりと……
  • 温泉でも「3密」を避けて、のんびりと……

浴場で「3密」を確認可能に

モニターで色分けされ表示されたCO2濃度
モニターで色分けされ表示されたCO2濃度

   親湯温泉では、新型コロナによる感染拡大の当初から、「独自の衛生・消毒プログラム」により対策を徹底してを取り組んできた。その中で、お客らには「3密」を避けた施設利用を呼び掛けてきたが、明確な基準がない。そのうえ、大浴場では従業員による確認が必要なこともあり、合理化を模索しながら、CO2濃度で3密状態を判定できるシステムの導入を決めた。

   新しく大浴場に導入したシステムは、CO2濃度を測る「換気モニター」。人が密集するほどCO2濃度が上昇する原理を利用し、大浴場の密集状態を測る目的に応用した。コロナ禍で厚生労働省が発表したCO2濃度による換気推奨数値をもとに状態を3段階に設定し、誰でもわかりやすいよう、モニターで色に分けて表示するようにした。

   「緑」は「999ppm以下」を示し「換気良好=密集なし」、「黄」は「1000~1499ppm」で「換気推奨=やや密集している」、「赤」は「1500ppm以上」で「換気が必要=密集している」――の3段階で示す。

   「換気モニター」を導入したのは、蓼科親湯温泉のほか、「神秘なる諏訪湖に心癒される宿 上諏訪温泉しんゆ」、「寛ぎの諏訪の湯宿 萃 sui-諏訪湖」(いずれも、諏訪市)の3か所。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中