2020年 11月 1日 (日)

台風シーズン到来 水没したクルマから脱出する方法はコレだ!万が一に役立つ動画を公開

ホットでもアイスでも美味しい。季節にあわせて楽しめる、大正製薬の乳酸菌が入ったごぼう茶。

   本格的な台風シーズンが到来したが、近年、豪雨により道路が冠水したりして、水没したクルマに閉じ込められて死亡する事故が増えている。

   そこで国民生活センターは2020年10月12日、緊急脱出ハンマーを使って脱出する動画を公開、注意を呼びかけた。

   また、各自動車メーカーの緊急脱出ハンマーやシートベルトカッターの商品テストを行った結果のリポートも発表。参考にしてほしいとしている。

  • 台風シーズン到来!自動車の水没に注意
    台風シーズン到来!自動車の水没に注意
  • 台風シーズン到来!自動車の水没に注意

ガラスを破砕する前に落ち着いてシートベルトを切断する

   自動車で冠水した道路を走るのは非常に危険だ。自動車が一定の深さまで水没してしまうと恐ろしいことが起こる。国民生活センターによると、具体的には――。

(1)水深が車両の床面を超えると、エンジン、電気装置等に不具合が発生する。電気系統が故障してパワーウインドーが動かなくなる。また、水が排気管をふさぎ、車内に有毒ガスが侵入してくる。

(2)水深がドアの高さの半分を超えると、水圧でドアを内側から開けることが不可能になる。パワーウインドーも動かないので、内側から緊急脱出ハンマーを使ってガラスを破砕することない。

   そこで、動画を見よう――。

   (1)まず落ち着くことだ。ガラスを破砕する前にシートベルトを外すことが大切。シートベルトに拘束された状態でドアを開けたり、窓ガラスを破砕したりするとかえって危険だ。水没して車体が傾くと、シートベルトがロックして外れないことがある。そこで、シートベルトカッターでシートベルトを切断する。緊急脱出ハンマーにはシートベルトカッターが付いたものが多い。そのために、緊急脱出ハンマーはつねに手の届く範囲に設置しておくことだ=写真1

まず落ち着いてシートベルトを切断する(国民生活センター提供)
まず落ち着いてシートベルトを切断する(国民生活センター提供)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中