2020年 11月 30日 (月)

今、投資信託に起こっている興味深い事象 海外株式に投資するときに持つべき視点とは?

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

   新型コロナウイルスの感染拡大は、依然として予断を許さない状況が続いているものの、世界各国で経済活動の再開が進んでいます。主要国・地域の景気の先行指数は改善傾向にあり、世界景気についても4~6月期に底を打ち、回復基調になるとの期待が広がっています。

   主要国・地域の株価指数も2020年3月下旬以降は上昇に転じており、「コロナ・ショック」によってヒヤリとしたものの、足もとでやっと、ひと息つくことができた状況ではないでしょうか。

   そうしたなか、コロナ禍を経て、投資信託に起こっている興味深い事象について紹介します。

  • 世界の株価指数はどう動いている?
    世界の株価指数はどう動いている?
  • 世界の株価指数はどう動いている?

多くの投資家が投資信託を使って資金を海外株式へ振り向けた

日米欧の代表的な株価指数の推移
日米欧の代表的な株価指数の推移

   下の図1は、上場投資信託(ETF)を除く、公募投信の残高を資産別に表したものです。2020年8月末時点で最も比率の高い資産は海外株式となっており、全資産に占める比率は33.4%です。2019年12月末時点が28.5%でしたから、足もとでは5ポイント近く比率が高まっています。

   下の図2は、2020年(1月~8月末)の資金純流入額の累計を資産別に表したものです。海外株式には累計1兆6,209億円が純流入しており、公募投信全体への純流入額の9割超を占めています。

   図1、2により、コロナ禍を経て、投資信託を通じて多くの投資家が海外株式へ資金を振り向けたことがわかります。投資の世界では、ホームバイアス(投資先を決める際に自国の資産を選好してしまうこと)がかかりやすいといわれています。にもかかわらず、国内株式を大きく上回る資金が海外株式に流入していることは、興味深い事象です。

kaisha_20201012160139.jpg

長期的なリターンを生む企業とは?

kaisha_20201012160218.jpg

   8月までに海外株式に資金が流入したのは、米国のハイテク株を中心とした株価上昇の勢いが背景にあると考えられます。でも、「上がっているから買う」と飛びつくのは、あまりに早計。海外株式に投資をする際は、以下のような視点を持つことが大切だと考えます。

   振り返ってみると、私たちの暮らしは革新的な製品やサービスによって便利に快適に進化してきました。投資という観点でも、世界を一変させるようなイノベーションを起こしてきた企業への投資は、長期で見ると大きなリターンを生み出してきました。

   これから世界を変える可能性を秘めた企業として、多くの方は海外の企業を思い浮かべるのではないでしょうか。

   とはいえ、海外企業の株式に直接投資するというのは、以前に比べるとハードルが下がったものの、決して容易なことではないようです。投資信託という仕組みを活用すれば、大きなストレスなく海外株式に投資をすることができます。

   あまり注目はされていないようですが、投資信託「ならでは」のメリットのひとつです。つまり、投資信託「ならでは」の仕組みを有効に活用し、世界を変える可能性を秘めた企業群に、長期で投資をしていくという視点を持つことは有効と言えそうです。

kaisha_20201012160239.jpg

   もちろん、常に上がり続けることはありませんし、時に大きく下げる局面もあるはず。しかしそれに一喜一憂することなく、「どっしり構えよう」です。さまざまなニュースを受け日々マーケットは変動するけれど、世の中を大きく変える可能性がある企業群に、投資信託という仕組みを活用して、長い目で投資を続けるというのが、「結果賢い」作戦のようです。

   投資する企業群が創る将来を信じ、のんびりと投資をすることをオススメします。(日興アセットマネジメント マーケティング部 乙部洋輔)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中